2013年07月22日

ビデオ:時々見送る<スーパーカムイ>(2013.07.04)

「駅に行くと視掛ける頻度」が“高い”と思える割に「乗車頻度」が低いような気がする車輌、列車…時々在るように思う…

↓私にとっては、この「札幌から旭川へ向かう<スーパーカムイ>」がそれに相当するような気がする。

↑写真の789系と785系の列車が在る。789系の方が新しい…

この列車は本数が多いことも在り、何かで札幌駅に行くとかなりの頻度で視掛ける…しかし、私の場合は然程乗った記憶が無い…

この列車は、旭川駅から札幌駅に着いた後、<快速エアポート>と看板を架け替えて新千歳空港へ向かうのだが、その「新千歳空港行」はかなり利用しているのだが…

更に、私が旭川方面へ向かう場合…旭川を通り越して稚内へ向かう列車に乗車するか、普通列車を利用することが多いので、<スーパーカムイ>に関しては、若干縁が薄いような感じ方をしてしまうのかもしれない…

7月4日にも、札幌から旭川方面へは普通列車で移動した…乗車した列車がやって来るというホームへ向かうと、映像の<スーパーカムイ>が居たので撮ってみた…

789系…現代的であるような、近未来的であるような、なかなか渋いデザインであるように思う。この型は、函館・青森間で初めて登場し、あの区間ではJR北海道のカラーである“ライトグリーン”の塗装が車輌の先頭に施されているのだが、旭川・札幌・新千歳空港を走る車輌は“シルバー”である。こういう色合い!!好みだ…

この<スーパーカムイ>…札幌・旭川間は乗車した記憶が薄いが…旭川・札幌間は昨年12月に利用していた…
posted by Charlie at 21:39| Comment(0) | Movie Maker | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年07月06日

ビデオ:何時も見送る<スーパー宗谷>(2013.07.06)

「デジカメの動画機能」を試用してから暫らく経ち、扱いに少々慣れたような気がする。要は「時々使うミニ三脚にデジカメを載せ、カメラを動かさずに、定点で“動くモノ”を追う」というような感じで、撮ったモノを適当に編集すると善い…と、勝手に考えている…

音威子府駅…嘗ては複数の路線が乗り入れていた駅だが、現在は宗谷線のみである…この「音威子府駅の一日」で、多分最も賑やかなのは朝かもしれない…

音威子府駅には、稚内から名寄へ向けて南下する普通列車が着く。1番線だ…やがて旭川から稚内へ向けて北上する普通列車が2番線に着く…暫らくすると、稚内から札幌へ向かう<スーパー宗谷2号>が3番線に駆け込んで、乗降が終了次第、素早く去って行く…そして、2番線の稚内行、1番線の名寄行の順に列車が出る…

この1番線に列車が着いて、1番線の列車が発つまでの1時間余りの中、3番線の特急の到着と発車の瞬間は「3本の線路が埋まる」訳である…“単線”の宗谷線では、列車が擦違うために駅で少し長く停まって待ち合わせをする事例は色々と在るのだが…この「朝の音威子府」が最も華々しいような気がする…

何時の間にか「普通列車の旅」が気に入って、「朝の音威子府」に居合わせる機会が増えた…そして、「乗降を終えて去って行く<スーパー宗谷>が好い!!」と思うようになり、機会が在れば「感じの好い映像を纏めたい」と考えていた…

↓漸くその機会が訪れた!!今朝、7月6日の音威子府駅である…


個人的には、冬季に列車を利用することが多い…冬季は積もっている粉雪が跳ね上がったり、そもそもなかなかに激しく雪が降っていたり、ホームの端の方は少し深い積雪であったり、厳しい寒さに行動を阻まれる…

今回、珍しく夏季に時間を設けることが出来た!!野鳥の囀りが聞こえ、線路脇の名も知らぬ黄色い花の中を、蒼と銀のディーゼルカーがエンジン音も高らかにやって来る…ホームで乗務員が安全確認をして、列車はまた動き始め、沿線各駅を経て札幌を目指す…

この様子に関しては、好い画も撮れたので、「少しでも早く整理・公開したい!!」と考え、早速に着手した…
posted by Charlie at 22:55| Comment(0) | Movie Maker | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年06月08日

ビデオ <ノースレインボー>(まんぷくサロベツ号)

稚内市内で「北門神社→稚内駅に出入りする線路の踏切脇に在るコンビニ→マクドナルド→南稚内駅→副港市場(サウナ)→稚内駅改札口から徒歩2分を謳う某ホテル内のレストラン→稚内駅に出入りする線路の踏切→国道沿いの旅行者に人気の喫茶店→北門神社」という移動を「“徒歩”で行った」と言うと…驚かれたり、呆れられたりする…

「車で日帰り」という型で稚内・旭川間を往復した翌日だったが…早めに眼が覚め、好天に誘われて歩いた…途中…“炭酸飲料”のつもりでビールやらハイボールの缶を空けてしまう場面も在ったが…

↓稚内駅に変わった車輌の列車が出入りしている…


白地の上に5色を配したこの車輌…名付けて<ノースレインボー>だ…183系のディーゼルカーを改造したモノである。貸切列車や臨時列車、通常ダイヤの列車の代わりに運行するイベント列車、車輌の点検や不具合で使えない場合の代行と、色々な活躍をしている車輌で、時々稚内にも現れる…

↓今回はこういうイベント列車になっている…曜日限定だが、稚内で「昼の札幌行」と呼び習わされている<サロベツ>のダイヤで運行されている
>>まんぷくサロベツ号(.pdf)

それにしても…午前中は半袖Tシャツの上に長袖シャツを羽織ったが…午後は陽射しの御蔭で、半袖Tシャツのみでも然程違和感は無い…「稚内としては」非常に温かい土曜日だ!!
posted by Charlie at 17:07| Comment(0) | Movie Maker | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年04月25日

ビデオ 黄昏の資生館小学校前停留所辺りの交差点で擦違う路面電車(札幌市電)(2013.04.24)

「交差点の併用軌道」を走る路面電車は、大きな角度で曲がるのだが、その曲がっている様を視るのが好きだ…そしてこれが、2輌同時に行われることが在る…「擦違い」である…

↓車の通行量も多い中、すすきの停留所からやって来た電車が停車し、大きく曲がり始めると、ほぼ同時にすすきの停留所へ向かう電車が現れて大きく曲がる…資生館小学校前停留所で停車した電車は、そのまますすきの停留所を目指す…


“灯り”が目立つようになり始める時間帯の路面電車…画になる!!
posted by Charlie at 06:55| Comment(0) | Movie Maker | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年04月24日

ビデオ 暗くなったすすきの停留所を発着する“221”(コカコーラの赤塗装)(2013.04.23)

宿に着いて、直ぐに休もうとしたが…“食事”(または“デパ地下”で何かを見繕う)には中途半端な時間で、日中の大半を移動に費やした後でもあり、好天でもあったことから「外気に当たりつつ、ぼんやりと路面電車を眺める」時間を設けようと思い立った…すすきの地区の“資生館小学校前”停留所辺りで少々時間を過ごし、宿の在る札幌駅方面へ引揚げる際、何気なく“すすきの”停留所の様子を視た…

↓ライトに赤い車体を浮かび上がらせるように、<コカコーラ>塗装の電車が現れた…

↑乗客を下ろし、駆け足の人達も含めて新たな乗客を乗せ、すすきのを静かに去って行った…

強めなライトはピントが合わせ悪くなる場合も在るのだが…ミニ三脚を立てて、街の灯を入れた画を撮るのはなかなかに愉しい…
posted by Charlie at 01:06| Comment(0) | Movie Maker | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年04月23日

ビデオ 夕刻に 資生館小学校前→すすきの→資生館小学校前 を往来する“M101”(札幌市電)(2013.04.23)

4月22日から24日の日程で、車で長距離を移動することとなったが…4月23日の夕刻は札幌に入り、とりあえず泊まることに…

移動で草臥れた関係上、ホテルで直ぐに休もうとしたが…暗くなる辺りに百貨店の食料品売場―所謂“デパ地下”―で何か求めることにして、それまでの極短い時間に外気に当たりながら路面電車でも眺めることにした…

札幌駅周辺に泊まることにした関係上、地下鉄で移動したが、つい最近視付けた「観覧ポイント」の資生館小学校前停留所辺りに陣取り、行き交う新旧様々―札幌の場合、“札幌スタイル”と呼ばれる丸味を帯びた「半世紀超」のモノが目立ち、それらの合間に少し新しい角ばったモノが現れる感じなのだが…―な路面電車を眺めていた…

資生館小学校前停留所辺りでは、車輌や歩行者の邪魔になるでもないポイントで、電車が停留所手前の交差点から大きく曲がってすすきのへ延びる軌道に入り込み、逆にすすきのからやって来た電車が交差点を大きく曲がって去って行く様子が視られる…

↓なかなかに気に入っている「1961年生まれ」の“M101”が現れ、そして去って行く場面を撮影して纏めてみた…

↑夕方の光線もなかなかに似合う…

夕刻の、日が傾いて次第に暗くなって行く時間帯…札幌の路面電車が縮小し続けた要因となっている車の通行量の多さが目立つ…独特な音の警笛を鳴らしながら、車の通行量が多い中を掻き分けるように電車は進む…日が傾き、少しずつ目立つようになる街の灯の雰囲気も判る…なかなかに好い画となった!!

↓この他、4月23日撮影分の画―普通の写真―を4月17・18日撮影分のセットに追加…
wakkanai097 - View my 'Tramcars at Sapporo - APR 17, 18 and 23 2013' set on Flickriver

明朝も普通に早めな出発で、早く休みたいが、この“M101”だけは早く整理したかった…
posted by Charlie at 23:45| Comment(0) | Movie Maker | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年04月21日

ビデオ 札幌市電の西4丁目停留所で続々と乗降が行われている様子(2013.04.18)

札幌での用事を無事に済ませ、「昼食を摂って、バスターミナルへ向かおう…」と歩いていて路面電車の西4丁目停留所辺りを通り掛った…

西4丁目停留所は札幌の路面電車の起点・終点になっている停留所だ。ここでは「乗客が電車に乗る場所」は1箇所設定されていて、基本的には、到着する電車はその「乗客が電車に乗る場所」辺りの“停止線”まで進入し、乗ろうとする乗客が待っている側と反対側に設定されている「下車専用」の場所に乗客を下ろし、乗客が全て下りると反対側の扉を開けて新たな乗客を迎える。

そういう何気ない様子を視ていたが…終点の西4丁目は下りる乗客も多いのでやや時間を要し、また発車も時刻表の時間までにやや間合いが在ることもある。発車待ちが少し長めになっている他方で、次の電車の到着が早めになる場合も在る…そうなると、「乗客が電車に乗る場所」辺りは塞がっていて、後から着いた電車は乗客を下ろすことがし難いように見えるが…「下車専用」の場所が、西寄りにもう1箇所設定されていた…

↓「発車待ちをしている電車が停車中、後続の電車が到着し、2箇所目の下車専用設定の場所に後続の電車が停車して乗客が下車している中、発車待ちの方が発車…後続の電車は乗客が下りた後に乗車場所にゆっくりと進入…」という場面をぼんやりと視ていた…実は…こんな様子を初めて視た…

↑先に発車待ちだった車輌は“252”で、後続の車輌は“8521”だ…

“252”に老若男女色々な乗客が、或る人は走りながら、或る人は悠然と歩いて、次々に乗車して行く中、少し遠くから近付いて来る“8521”が2箇所目の下車専用場所で停止し、そちらの乗客の下車が始まる…ここで、動画を撮影していた場所が“通路”で邪魔なので、一寸動いて撮影を続けた…

そういう様子を編集して纏めてみたのだが…なかなかに「らしい!!」感じに纏まった。偶々、“252”も“8521”も「現行標準色」の鮮やかな緑で、美しい外観だ…やや気温が低めな感じの中、「とりあえず春らしい光線」で、鮮やかな緑がなかなかに映えていたと思う…

平日の昼間の時間帯なのだが、「存外に乗客が多い」ことに少々驚きもする画である…札幌では、路面電車は「中央区の一部地区を走っている」ということで、何か「非常にマイナー」なイメージであるような感じもしないではないのだが、そういうイメージの故に「存外に乗客が多い」と思ったのかもしれない…
posted by Charlie at 11:06| Comment(0) | Movie Maker | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年04月20日

ビデオ 札幌・資生館小学校前停留所付近の朝(2013.04.18)

西4丁目停留所から西8丁目停留所に至る併用軌道を進み、西8丁目停留所の手前を南下した辺りの宿に陣取った…宿から少し南下すると…すすきの停留所から延びた併用軌道が、資生館小学校前停留所辺りで南側へ大きく曲がる交差点に至る…

↓その交差点の辺りでの画である…

↑青系の広告塗装が施された電車がやって来てすすきのへ向かい、すすきのからまた引き返してくる…

少し賑やかな街を向こうにして進む電車が、資生小学校前停留所を経て大きく曲がる様…朝、歩き回って気付いたポイントなのだが…なかなか気に入った!!
posted by Charlie at 08:23| Comment(0) | Movie Maker | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年04月18日

ビデオ 朝、街を行き交い始める札幌の路面電車(西4丁目停留所・西8丁目停留所 間)(2013.04.18)

スッキリと起きて、安価な「素泊まりプラン」利用だったので朝食を兼ねて辺りを散策に…宿は路面電車の「西4丁目・西8丁目間」の軌道と「すすきの・資生館小学校前」の軌道との間のエリアである…すすきの側へ行けば、終夜営業の飲食チェーンは多々在る…今日はカレーライスを頂いた…

すすきの停留所は、6時34分に出る電車が始発だが…すすきのに入る電車は、電車事業部から乗客を乗せている…6時30分になる少し前にすすきの停留所に入っていた…

そんな様子を視てから「西4丁目・西8丁目」間辺りへ…7時を少し過ぎると、電車の運行頻度が高まる…

↓朝から色々な電車が行き交う…


「忙しい札幌の一日が始まろうとしている」というような場面に立ち会った感だ…近所のコンビニで、なかなか侮れない珈琲を仕入れて、宿の部屋に…

「大切な用事」と張り切って早く出過ぎても、早過ぎる時間帯に到着で困る…と言って、漫然とテレビを視るのも…(そう言えば、宿の部屋でテレビを点けていなかった…)という訳で、朝に撮影した動画を少々整理してみたのだ…

今日は用事を足してから昼食でも摂って、直ぐに稚内へ引揚げる…今朝の札幌は薄日が射していて、昨日よりは少しだけ穏やかな天候だ…
posted by Charlie at 08:46| Comment(0) | Movie Maker | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ビデオ 札幌市電の“M101”(2013.04.17)

「札幌へ着いたら…路面電車でも眺めて写真を撮ろう…」と朝に思い付いて、曇天で雨交じりな中を南下して来た…札幌に着いて…「酷い雨」は免れていたが…天候は少し冴えない…

結局、札幌市交通局の路面電車、地下鉄、その他会社のバスに乗車出来る“1日乗車券”を入手し、路面電車の沿線を巡った…

冴えない天候ながらも、酷い雨に降られなかったことを「善し」としなければならないのだが…今日はなかなかに「幸運!!」と思えることが…あの“M101”に2回乗車し、写真や動画も色々と撮影出来たのだ!!

↓「速く見易い型に整理!!!」と、休む前に整理していた…多分、これを済ませてしまわなければ、落ち着いて眠ることも叶わなかったかもしれない…

↑走行場面の動画と、静止画を組み合わせて、何となく「“M101”のプロモーションフィルム」的に纏めてみた…

1961年製造の“M101”は半世紀を超えて活躍中の車輌である。札幌の路面電車は、鮮やかな緑の“現行標準色”か、カラフルな“広告塗装”かなのだが、この“M101”だけは“旧標準色”のままになっている。“札幌スタイル”とも呼ばれる“丸味”が強調されて見える車輌群の中では「若干角張っている?」ように見えなくもない独特な形状なのだが…“旧標準色”なのが好い!!特に縁が深かった訳でもないが、幼少の頃、或いは少年時代に視掛けた札幌の路面電車はこの“旧標準色”だったのだ!!

今日は路面電車に計6回乗車―“1日乗車券”を入手してしまったので、歩いてしまう場合が圧倒的に多い「1停留所」の移動でも乗車した…―したが、その中2回が“M101”への乗車だった。“M101”については、1月に乗車して気に入り、3月には走る様子を視たかったが、電車事業部で待機していた様子を視掛けた…「走っていない…」というのが残念だった反面、電車事業部を覗いた際に姿が視えて、何か「“M101”に迎えてもらった」ような気がして嬉しかった…そんな“想い”が通じたのかもしれない!!

動画は、西8丁目停留所、中央図書館前停留所を望む歩道橋、すすきの停留所で撮影している…静止画は中央図書館前停留所を望む歩道橋、すすきの停留所の他、資生館小学校前停留所で撮影した…これらを組合せ、「国外の路面電車ファンの眼に触れても好いように」と英語のキャプションを少々…どんよりと曇った空の下の映像ではあるが…多少変化に飛んだ内容になったと思う…

日付が変わってしまった…
posted by Charlie at 00:14| Comment(0) | Movie Maker | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年04月15日

ビデオ 鹿児島駅前「電車が接近します。横断しないでください」再び…(<かごでん>を含む)(2013.03.23)

↓過日公開済みの「<かごでん>到着」を含めて、3月23日に鹿児島駅前で撮影した動画を纏めてみた…


「休日の日中」に相当する時間帯なので、「平日の朝」のような「古い車輌も登場」というのは無いが…それでもカラフルな路面電車が次々に現れ、独特な外観の<かごでん>もやって来る様はなかなかに好い!!

鹿児島駅前で、ミニ三脚を立てて動画を撮影していた…こういうことが出来たのは好天の御蔭だ…

また何時か、こんな様子を視に行きたい…
posted by Charlie at 08:15| Comment(0) | Movie Maker | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年03月26日

ビデオ 鹿児島駅前に登場した<かごでん>(2013.03.23)

鹿児島空港へ向かうのは午後からだったので、午前中は市内を歩いて桜を愛でるなどしていたが…鹿児島駅前近くに至り、コンビニで“飲物”でも頂いて、路面電車を眺めることにした…“飲物”…「直ぐ飲む」を謳う<さくらじま>の水割りだったが…

土日と祝日…1日に4回“観光電車”が運行される。料金は往復乗車に相当する320円だが、“1日乗車券”を持っていれば乗車可能である。ガイドさんが乗っていて、沿線の名所旧跡に関することや、通過している辺りの少し以前の様子等をお話ししてくれる。なかなかに愉しい!!使用されている車輌は「運行100年」を記念して、「昔懐かしい車輌」の外観―Flickrに載せた写真を視て頂いた外国の方から「凄く旧い車輌なのだろうか?」という質問コメントが寄せられた程で、本当に旧く見える…大正時代から昭和の初めに登場したような車輌を意識して、木目風の外観を採り入れている…<600型>をベースに、車体を新造したようだ…―に設えた、<かごでん>の愛称を冠した“101”である…

<かごでん>は「約70分の乗車で“発見”する鹿児島」という感じなのだが…12月にこの<かごでん>に乗車していたので、今回は乗車は見送った…しかし!!走る姿が視たい!!

↓「そう言えば…ここに現れる時間帯だ…」と鹿児島駅前で待ち受け、「電車が接近します。横断しないでください。」を聞きながら、<かごでん>の到着を見守った…


到着した<かごでん>からは、笑顔の乗客達が下車してきて、記念写真を撮影するなどしていたが…私は見覚えが在る人が居たことに気付いた…前夜、前々夜に“屋台村”で出くわした札幌の方が居た…3度目の邂逅で互いに驚き、一寸笑ってしまった…

「路面電車が走る街」では、電車は独特な存在感を示す…それに揺られながら、街を眺めて地元の方のお話しに耳を傾ける…なかなかに素敵な企画であると思う。

「運行100年記念」で登場した<かごでん>だが…未来の「150年」、「200年」、或いは更に先にも鹿児島の交通の歴史を伝え続けるモノとして走り続け、多くの人達の笑顔を運んで貰いたいものだ…

それにしても…動画に収めておけば、思い付いた時に何時でも勇姿が眺められる!!
posted by Charlie at 08:02| Comment(0) | Movie Maker | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年03月24日

ビデオ 鹿児島駅前「電車が接近します。横断しないでください。」(2013.03.22)

鹿児島では高見馬場停留所に近い宿に滞在した。ここには2つの運行系統の路面電車が通っているのだが、その高見馬場から鹿児島駅前までは両系統の電車が運行されている。電車は鹿児島駅前で少し待機して、また折り返しになる。

鹿児島駅前の停留所は3本の軌道がフォークのような形状で敷かれていて、運行中の色々な電車が待機するので、ここで電車を眺めるのもなかなかに愉しい…

3月22日朝、早朝からこの鹿児島駅前にやって来て、石橋記念公園方面を歩き回った後、鹿児島駅前辺りで一息入れながら電車を眺めていた。辺りは路面電車やJRの列車を利用する人達が自転車を駐輪している場所も在るのだが、ミニ三脚を立てて路面電車の画を撮ることが出来る場所は在る…

↓何本かの動画を編集してみた…


朝の通勤、通学の利用者も目立つ時間帯なので、この鹿児島駅前に続々と路面電車がやって来て、続々と出発している。そして併用軌道ならではかもしれないが、沢山の自動車も通り過ぎる…

鹿児島駅前の停留所で路面電車の発着が行われる際、遮断機のようなモノ―そういうものはJRの踏切には在るが、路面電車の軌道には無い…―が動く訳ではないが、警告灯が点灯して「電車が接近します。横断しないでください。」という音声が繰り返される…こうした中、「一寸際どいタイミングだ…」と見えるような具合で、電車と車が交差している…

鹿児島の路面電車は概ね6分、7分の間隔で運行しているようだが、朝夕の通勤・通学利用が目立つ時間帯には4分間隔程度で運行しているようだ。そのため、新旧様々な車輌が登場する。

日中の時間帯、50年を超えて運用されているような車輌は車輌基地に多数待機しているが、運行間隔を詰める時間帯になると出動しているようだ。そして、主流を占めている1990年代以降に登場の車輌や、近年増えている“超低床”に混じって働いている…今回は金曜日の朝の時間帯に撮影しているので「鹿児島で視掛ける…」殆どの型が網羅されている…

意外に面白い画になった!!
posted by Charlie at 22:03| Comment(0) | Movie Maker | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ビデオ 郡元停留所から出発する<でんでん>(鹿児島市電)(2013.03.21)

鹿児島で、少しだけデジカメの動画撮影機能を用いた…「動く鹿児島の路面電車」が何時でも視られるようにしたかったのだ!!

郡元停留所は2つの運行系統が交わるポイントである…今般の鹿児島訪問の“目的”でもある<でんでん>に乗車してこの郡元に至り、停留所辺りの歩道橋から行き交う路面電車を眺めたのだが、そんな中で<でんでん>の発車場面を撮った…

↓こういう按配である…


「変わった塗装」の電車は、“広告”が一般化している中で珍しくはないのだが…「有志の発案」で「広告ではない」モノが「地域振興の一環」というようなことで登場する例は未だ珍しいと思う…有名なカキ氷の白と、特産の黒豚の黒の2色の旧い電車…なかなかに好い!!


↓鹿児島の路面電車の写真は色々と撮ったが、<でんでん>は別箇に整理した…
wakkanai097 - View my 'Tramcar 'Den-Den' at Kagoshima on MAR 21&22, 2013' set on Flickriver

↓こちらはHDR画である…
wakkanai097 - View my 'Photomatrix - Tramcar 'Den-Den' at Kagoshima on MAR 21, 2013' set on Flickriver

結局<でんでん>は、3月21日は少し長く走ったが、3月22日は朝に少し登場しただけで、以降は点検整備に入って休んでいた…それでも3,000km以上をものともせずに、この<でんでん>に会いに行って善かった!!
posted by Charlie at 15:03| Comment(0) | Movie Maker | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年03月03日

ビデオ 雪嵐の後の作業(2013.03.03)

殆ど丸一日、強風が吹き荒れ、降雪も伴い、何やら酷い有様になっていた稚内だったが、嵐が去って晴天に恵まれた…

吹溜りで道路が“雪原化”しているような状況も見受けられたが、降雪が落ち着いた辺りから懸命に除雪していたようで、あっという間に車輌や歩行者の通行も容易になった…

丸一日もの雪嵐で降り積もったり、吹き溜まった雪を除けて、その雪はどうしているのだろうか?

↓こういうことになるのである…

↑ダンプカーで運び出し、空いている場所に積んでおく訳だ…

御蔭様で…昨日受け取ることが叶わなかった荷物を受け取り、サウナに行ってゆっくりとしてきた…「普通に休日」を過ごすことが出来た…
posted by Charlie at 19:44| Comment(0) | Movie Maker | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年02月17日

ビデオ 札幌の路面電車:コカコーラ塗装(2013.01.02)

年末年始を過ごした札幌で路面電車を眺める機会が在ったが…

“コカコーラ塗装”のものが、何となく気に入った。「白い雪が在る街路を行く赤い車輌」というのが好い…

↓すすきの停留所を出発する様子をS95の動画機能で撮ったが、それをHDR画と組み合わせて編集した…
posted by Charlie at 14:31| Comment(0) | Movie Maker | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年02月16日

ビデオ 稚内・抜海駅のキハ54(2013.02.14)

先日、抜海駅に立ち寄った折り、「1日に僅か5往復停車」の列車が間もなく到着することに気付いた…

↓「一寸、撮ってみよう!!」と思い付いて列車の画を…駅の写真と組み合わせて編集した…


好天で雪の嵩がやや減った中だが、冬から春へ移ろおうとしている陽射しを受けて輝く雪は眩しい…そういう中を銀色の車体に赤いラインのキハ54が進む…「この辺の鉄道らしい」雰囲気が出ていると思う…

因みに、抜海駅に停車する5往復の列車は何れも普通列車で、全てこの「キハ54の一輌運行」である…
posted by Charlie at 10:01| Comment(0) | Movie Maker | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年02月14日

ビデオ 「ネルパ」―稚内・抜海港のアザラシ―(2013.02.14)

他地域では間違いなく「寒いですね」が挨拶代わりになるような気温でも、この時季の稚内でとりあえず“プラス気温”になれば「温かいですね」という話しになる。所詮、暑さや寒さは“相対的”なものだ…

こうした状況になると、一定以上の交通量の道路では、積雪や凍結が融けて舗装が覗くようになる…そうした中、郊外の抜海(ばっかい)に出向いた…

冬季の間、抜海の漁港にはどうしたものか多数のアザラシが集まって来る…アザラシはオホーツク海側に多く、日本海側には殆ど居ないらしいのだが、近年は流氷が少なくなって移動し易くなったのか、彼らは宗谷海峡を越えて日本海岸に現れるようだ…

そんなアザラシ達だが、日本海側に在る抜海漁港周辺の居心地が好いらしく、毎年のように現れ、その数も最大事には“数百”という次元になるらしい…これを眺めに抜海漁港に立ち寄る人も在ることから、何時の頃からか“観察小屋”まで設けられるようになっている…

折角、抜海周辺に出たので抜海漁港の様子を伺った…

↓LUMIXのデジカメを駆使し、動画も撮影してみた…

↑タイトルに採用した「ネルパ」というのは、ロシア語(нерпа)で「アザラシ」を指す語である…

時間帯によって、ここで視えている様子よりも数の増減は見受けられるという。冷たい風の中で、日向ぼっこ風に横たわっていたり、頭だけ出して海水に浸かっていたり、泳ぎ回っていたりする…何か…妙に長閑だ…

↓抜海港の様子…
wakkanai097 - View my 'Bakkai in Wakkanai on FEB 14, 2013' set on Flickriver

アザラシが何処かの河口近辺に迷い込んでいるのが見付かると、愛称が付いて見物人が繰り出すという現象が伝えられる…ここでは「毎年見受けられる当然な状況」という受け止め方になっていて、特段に騒がない…

それにしても…ある程度簡単に立ち寄ることが出来るような場所に、毎年のようにこれだけ多数のアザラシが現れるという状況…存外に貴重かもしれない…
posted by Charlie at 22:30| Comment(0) | Movie Maker | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年02月12日

ビデオ 歩道橋から望む札幌の路面電車(vol.01-03)

愛用のデジタルカメラS95は、振り返ると2010年秋から使用しているのだが、その「動画撮影機能」に着目したのは2012年の年末だった…年末に「音威子府の蕎麦を求める」という、戯れに“出前”と呼んでいる用事を足していて、何気なく思いついて試行すると、存外に巧く出来たので多少利用するようになった次第だ…

もう少し早くこれに思い至っていれば…12月に九州を訪ねた折りにも使用していたことであろうが…こうした“れば”は野暮というものであろう…九州に関しては、何時になるか判らない次の機会を期す他無い…

年末に「動画撮影機能」に気付き、年始にそれを色々と試行することになった。その動画の整理…それ以前に“優先順位”が高いと思われる写真の整理等が在ったことから、一部は「後日のお楽しみ…」ということにしてしまっていたのだが…今日になって、思い付いてその「動画の整理」に着手してみた…

↓札幌の路面電車だ…

↑遠くから緑の標準塗装を施した電車がやって来て、手前から遠くに白い電車が行く…

振り返れば…1月2日だったが、特段に用事らしい用事が在ったでもなく、朝からふらりと街へ出て、何気なく路面電車を眺めながら半日強を過ごした中で路面電車の写真や動画を撮っていた…或る意味で、非常に贅沢な時間の費やし方かもしれない…

↓こうした、少し高い場所からの画が、なかなかに好い…

↑手前から黄色の電車が現れ、遠くへ去って行く…

↓歩行者、乗客と電車の距離感、電車と車の距離感、電車のスピード感が、この高めの場所からの画では判り易い…

↑遠くから赤い電車がやって来て、手前に向かって来る…

札幌の場合、路面電車の軌道を跨ぐように歩道橋が在る箇所が数箇所在り、その一部はこうした画を撮影し易い状態である。ミニ三脚を持ってこの歩道橋に行き、歩道橋の手摺等を利用してカメラを動き悪いように据える…そうすると、安定した画が撮れる…ただ、歩道橋の真下を電車が通過する際に、歩道橋が若干揺れて画も揺れる場合が在るのだが…それは“臨場感”というものであろう…

最近、路面電車のことを話題にする機会が在ったのだが、札幌の路面電車に関して「他所に比べて車内が狭くないか?」と仰った方が在った…

電車の車内というものは、中のレイアウトや、車体の形状の多少の違い、更に言えば中の色彩によって、広く見えたり、逆に狭く見えたりということが在ると思う。加えて…路面電車は運行事業者毎に「レールの幅」(“軌間”とか“ゲージ”と呼ぶ…)が異なるので、自ずと「車体の幅」が違って広く見えたり、逆に狭く見えたりということが在る筈だ…

札幌の路面電車の軌間(レールの幅)は1067mmだ。これはJR在来線(旧国鉄)と同じである。多少なりとも乗車した経験が在る路面電車では、岡山のモノが同じ1067mmだ…

路面電車では、新幹線と同じ1435mmが採用されているものも在る。乗車したことが在る路面電車では、阪堺、広島、長崎、熊本、鹿児島がこれである…

この何れでもない1372mmというモノも存在する…東京の都電や函館がこれに該当するのだという…

札幌を含めて、各地のこうした画…今後も機会が在れば撮ってみたい…
posted by Charlie at 22:31| Comment(0) | Movie Maker | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年02月10日

ビデオ 美味しい旅(2012年12月)

何時の間にか2月の半ばに至ろうかという時季に入ってしまったが…昨年12月の旅行のことは未だ記憶がかなり鮮明だ…

過日、旅行のアルバムを纏めてみたが、意外に「各地で頂いて記憶に残る美味しいモノ」が多く在った…

↓その「美味しいモノ特集」で、写真からビデオ風スライドを纏めてみた…


「何処へ行かなければならないという程でもなく動き回り、辿り着いた場所で目に留めたモノを頂き、また次の土地へ…」という雰囲気が、何となく“追体験”出来そうな感じに纏まった…

こういうのを眺めながら…“次なる機会”を想う…
posted by Charlie at 19:35| Comment(0) | Movie Maker | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年02月07日

「冬らしい」様子…

↓近所で出くわし、S95を持参していたことを思い出し、咄嗟に撮った画…


作業関係者の皆様、御苦労様…
posted by Charlie at 07:44| Comment(0) | Movie Maker | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年01月29日

ビデオ『EXP. "SUPER SOYA #1" at Asahikawa Station』(旭川駅の<スーパー宗谷1号>)

旭川から稚内へ引揚げる際、<スーパー宗谷1号>に乗車した…<スーパー宗谷1号>という呼称よりも「(札幌を)朝出る特急」、「(稚内に)昼に着く特急」と呼び習わされている列車のような気がするが…

考えてみると、「旭川から稚内へ引揚げる」という場面でこの列車に乗ったのは…昨年2月に今は“臨時運行”しか無くなった<日本海>に乗車して京都から北海道へ引揚げる計画を立てたものの、運休になったので新幹線を乗り継いだ際、「道草してしまえ!!」と旭川に寄ってから稚内へ向かった時…それ以来、約1年ぶりのような気がする…その少し後にも乗車したように記憶しているが、あの時は札幌駅から乗車したのだった…

↓何となく思いつき、S95の動画撮影機能を利用し、半ば雪に覆われた鉄路を進んで旭川に着く列車の姿を収めてみた…


この列車は基本的に4両編成のディーゼルカーだ…1号車と3号車が指定席、2号車と4号車が自由席だ…

札幌・旭川間、殊に滝川以北は「特急列車ばかり」なのだが、この区間の看板列車<スーパーカムイ>の「代わり」に旭川以遠に向かう列車を走らせて、それが走る時間帯は「代わり」に利用するような状況になっている時間帯が在る…故に、札幌・旭川間では「半ば当然」な自由席が多めに設定されているのであろう…今日は自由席を利用したが、酷く混んでいた訳でもなかった…

旭川から稚内へ引揚げる場面で、最も気に入っている列車は…「早朝6時5分に出発する普通列車」だったりする…
posted by Charlie at 19:11| Comment(0) | Movie Maker | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年01月06日

ビデオ 札幌市電“SNOW MIKU”(雪ミク)(2013.01.02)

↓札幌で視掛けた際、「変わっているラッピング?」と思った電車だった…

↑ビデオや写真に収めている人も視掛けた…(私自身もだが…)

↓下記のイベントに関連する企画らしい…
>>SNOW MIKU 2013

↓ラッピングの電車も3回目らしい…
>>2012年12月17日(月)- 2013年3月31日(日)市電『雪ミク電車』が今年も走ります!

予期せぬ型で、なかなか面白いモノに出くわした…
posted by Charlie at 20:15| Comment(0) | Movie Maker | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ビデオ 885 AROUND THE KYUSHU SINCE 2000 (2012DEC)

12月後半の旅の後、年末年始も札幌で過ごし、明日から「2013年本格始動」という感だが…

こうした中で妙に思い出すのが“885系電車”である…

長崎・博多間で初登場し、以後は大分・博多間でも運用されるようになり、その他の電化区間に乗り入れた実績も在るようだが…

何かドイツのICEを思い出させる美しい外観…内装もなかなかに立派で、大変に記憶に残る…

↓撮った画を利用して、こんな具合に纏めてみた…


この車輌…佐賀・博多間、小倉・博多間で各1回、計2回乗車したが…また乗車したいものだ!!
posted by Charlie at 19:36| Comment(0) | Movie Maker | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ビデオ 特急<スーパーカムイ>通過(2013.01.05)

1月4日に北上移動を計画し、列車やバスが動かなかったことで1月5日に移動した…聞けば1月3日から4日と丸2日間、雪のためにかなり交通が乱れていたようだ…

1月5日は、更に交通が乱れる事態を危惧し、朝からゆっくりと北上することにした…

札幌駅を朝6時に出て、旭川駅に朝8時55分に着く列車が在る…これで旭川に出ると、後刻の快速で名寄に出て、名寄駅で待機中の“稚内行”に乗り込める…すると夕方には稚内だ…

このパターンで移動すると、岩見沢の向こうの美唄の先に在る茶志内駅という小さな駅で、特急列車の通過待ちをする…数分間停車するので、ホームに出て身体を伸ばすが、その際に何時も特急列車の通過を見送る…

何処で鳴っているのか、警報音が聞こえる中、列車は猛然と高速で近付く…粒子の細かい雪が煙のように舞い上がり、列車が駅に近付いて通過する辺りでは「ホワイトアウト」になってしまい、やがて辺りが微かに見えるようになる…

↓こういう按配だ…


雪と縁が薄い地域の皆さんに御覧頂ければ…と、何となくぶら提げていたS95の動画撮影機能を利用してみた…
posted by Charlie at 09:02| Comment(0) | Movie Maker | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする