2011年09月17日

下関の眺望(2010.12.20)

「○○と田舎者は高い所が好き」という表現を何処かで聞いたが…旅行に出ると正しくその「○○と田舎者」になってしまう…辺りを一望出来る展望台のようなものが在るという話しを聞き付けると、とりあえずそこを訪ねてみたくなる…

下関…“青春18きっぷ”を手に列車を乗り継ぎ、一旦は「四国一周」を思い立って高松から動き始めたが、途中で予定を変えてしまい、暗い早朝に松山から呉へフェリーで渡った私は「長州大打込み!!」―幾つか読んだ幕末関係の本で、徳川慶喜が発したとされていた言葉…―等と山陽線で西を目指した…

呉から広島を経て宮島に寄り、列車を岩国で待ち合わせて下関に辿り着いたのは、かなり陽が傾いた辺りだった…

下関では「駅から徒歩5分か10分位の辺りに、展望室の在る高いビル」というのが在った気がして…確かめると間違いないので、そこを目指した…

何か、私の目線では“カリフォルニア”のように見える背の高い樹が植えられた通りの向こうに目指すビルが在り、入場券を求めてエレベーターで展望室へ…

当時は気温がプラス6℃程度だった…私は、「歩き回って汗をかかない、程好い寒さ」と平然としていたのだが、エレベーターの女性によれば、下関では「寒いですね」が挨拶代わりになっているというお話しだった…そんな話しを聴いて「稚内は多分、同じ6℃でも“氷点下”だろうな…」などと考えていた…12月後半ともなれば、時々その程度にはなる…

展望室で出会った下関の眺望!!実に素晴らしかった!!かなり時間が経ったが、なかなか忘れられない!!

Shimonoseki-HDR on DEC 20, 2010 (3).jpg

暗さが増すに連れて、街の灯りの鮮やかさが増す…40分?小一時間は展望室に居たような気がする…ミニ三脚を引っ張り出して、S95で写真を色々と撮った…“関釜フェリー”らしき船を視て「パスポート持っていれば…」等とも考えたりした…

Shimonoseki-HDR on DEC 20, 2010 (2).jpg

本州の西端部と九州の北東端部が半ば重なるかのように接している地形で、九州側の港周辺が見え、関門橋も視えた…頭を過ったのは…「鎮西入り」という、豊臣秀吉が出て来る何かの小説で読んだ表現だった…

この下関訪問は、随分と短いものに終始した…「鎮西入り」等と称して強引に門司へ渡り、“近さ”に少々驚き、とりあえず博多に至り、雨模様の中で翌朝に移動を開始し、帰りの航空券を押えてある関係で大阪方面を目指したのだった…

下関…また是非訪ねてみたいものだ…
posted by Charlie at 19:16| Comment(0) | HDR/2010年12月の旅 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年09月16日

旧堺燈台(2010.12.22)

随分以前にドイツ出身の方と話しをした時のこと…私は偶々「100年か、150年位以前の旧い建物」と言った。すると先方は、「100年や150年は有触れていると思う。“旧い”と言えば…400年というような次元のように思うが…」と言った。

なるほど、ドイツ辺りでは「竣工まで数百年」というような大聖堂も在るし、17世紀辺りの建物が集まる旧い町並みというようなものも方々に見受けられる。そういう国で育った方の目線では「100年か、150年位以前の旧い建物」と言った。すると先方は、「100年や150年は有触れている」ということにもなるであろう。実際、ドイツ出身の方とのやり取りの後、何度か彼の地を訪れて、そう実感したこともあった…

私自身、“新興住宅地”育ちだ。その“新興住宅地”の中で、比較的早くに竣工した建物に住んでいたので、「身近に眼にする建築物は、殆ど全てのものに関して、建築工事が進められていた場面を視ている」という状態だった。言葉を少し換えると、「周囲が自分自身より“若い”建物ばかりの場所で育った」ということになる…加えて…“北海道”は他都府県のような、「室町時代の…」とか「江戸時代の…」という建物が少なく、旧いものに触れる機会が極端に少ない少年時代を過したような気もする…

そういう訳で…多少旧い建物というようなものに関して、少し憧れめいたものが在るように思う…が、何かで眼にする旧い建物は、「1930年代竣工」程度のものでも「かなり旧い?」ように思える状況だ…「100年、150年」と言えば、「凄い!!」という話しになる…

ということで…

↓こんなものを間近で視て、何か非常に嬉しかった!!
Sakai-HDR on DEC 22, 2010.jpg
↑大阪の堺に在る、明治時代の灯台だ!!

1877年(明治10年)に完成して、1968年(昭和43年)1月29日まで使用されていたもので、1972年7月12日に国の史跡に指定されたという。2005年から保存解体修理を行い、2007年3月に修理工事が終了しているという、六角形の木製灯台だ…

南海電鉄の駅から、15分程度、遊歩道のように整備された場所を歩くと、既に灯台機能は果たしていないモニュメントとして、この約11メートルの塔が水辺に佇んでいるのが見える…

概ね100年の間、この灯台は活躍したことになる…現在はかなり沖まで埋立てられ、堺港が拡大しているので、この旧い灯台の辺りは然程船も航行しないようだ…

それにしても、この六角形の塔!!画になる!!
posted by Charlie at 18:21| Comment(0) | HDR/2010年12月の旅 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年09月15日

名古屋駅(2010.12.17)

Nagoya-HDR on DEC 17, 2010.jpg

7月から9月の「青春18きっぷ」や「北海道・東日本パス」を利用する機会…利用出来なかった…「残念!!」が募る…

ということで、少し前に利用して愉しかった話しなどを想い起すのだが…何となく名古屋駅の巨大なツインタワーを思い出した…実は最近、偶々名古屋方面に縁が深い方と言葉を交わしたという切っ掛けが在ったのだが…

去年の12月…「名古屋のハードロックカフェが閉店」というニュースを耳にして、名古屋に寄ってハードロックカフェを訪ね…そのまま名古屋駅周辺で夜を明かし、翌日は彦根に寄って京都に至ったのだった…

名古屋と言えば、駅周辺の巨大なビルが非常に強い印象を与えてくれる…駅も何やら凄く広い…
posted by Charlie at 07:43| Comment(0) | HDR/2010年12月の旅 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年09月07日

東大寺大仏殿(2010.12.23)

Todaiji temple-HDR on DEC 23, 2010.jpg

かなり有名な建物だが…手前の池に建物が映り込んでいる画というものを、余り見掛けた記憶が無かった…

「20年以上前に訪ねて以来?」と思いながら訪れ、この池に映り込む大仏殿を視て、暫く眺めていた…

このところは…何処かへ出掛けてみたいというような想いばかりが募る…
posted by Charlie at 06:11| Comment(2) | HDR/2010年12月の旅 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年09月06日

門司港駅(2010.12.21)

最近、雨に降られる場面が多い…今も雨模様のようだが…

「雨」と言えば…記憶に新しい範囲で強い印象が残るのは「九州初上陸」を果たした時のことだ…

あの時は“青春18きっぷ”を手に、細かいことを考えずに旅に出て、辿り着いた下関で展望台から関門橋を眺め「行ってみよう!!」と門司に上陸したのだった…

門司から先は「とりあえず…」と博多に向かって夜を明かした…朝は暗い間から動き始めたが、酷い雨だった…そして門司港に至った…

↓大変に趣の在る駅舎だった…
Mojiko Station-HDR on DEC 21, 2010.jpg

この門司港辺りで色々歩き回ってみようという想いも在ったが…雨脚が強くなり、何か挫けてしまい、本州方面へ移動を始めたのだった…雨で行動が阻まれた型だ…

稚内辺りの感覚では…「雨は雪よりも嫌だ…」という感じ方をするように思う。雪は視界が悪くなっても「氷点下の粒子が細かい雪はサッと払えば気にならない」位に思うのだが…雨に関しては、殊に風が多少強くなると「酷く濡れて難儀する…」というイメージが在る…

昨日、「2ヶ月ばかり他地域へ行かなければならない」という方に出会した…2ヶ月経って11月ともなれば…稚内辺りは雪がチラチラと…

雨の門司港駅の画を眺めながら、色々と考えてしまった…
posted by Charlie at 04:24| Comment(2) | HDR/2010年12月の旅 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年07月12日

横浜ランドマークタワー(2010.12.17)

5301052535_c322896240[1].jpg

急に少々旧い写真を持ち出した型である…

実は最近、Flickrこの写真に関して、国外の皆さんの間で妙に好評を頂いている…それに少しばかり気を良くして、こちらでも取上げておこうと思ったまでである…

この日は晴れた冬の日であった…

2010年12月…往路は「札幌・東京」、復路は「大坂・札幌」の航空券に加えて、2枚の「青春18きっぷ」を持って旅に出た…航空券以外は何らの予約も無しで、行く先々の“ネットカフェ”で夜を明かしながら彷徨うという旅だった…

「札幌・東京」の空路は“満員御礼”状態だった。乗った飛行機は、座席が「2列+3列+2列」に配置されていた。その、真ん中の“3列”部分の、更に真ん中の列に席が当った…

羽田空港が近付くと、窓の辺りには素晴らしい景色が拡がっていたようだが…私の席は「周囲30センチ」の、しかも両隣の人と正面の3人の頭しか見えない場所であった…何か、非常に残念な気がした…

という訳で…空港で一息入れた後、京急電車で横浜に向かい、「○○と田舎者は高い所が好き」を地で行くことにした…ランドマークタワーを訪ねたのである…

展望室からの眺望に大満足してタワーの足下に下りた時…複雑な形状の金属製オブジェと、聳え立つタワーが青空に輝く様が美しいと思った…

という状況で撮った画をHDR化した次第だ…
posted by Charlie at 18:38| Comment(0) | HDR/2010年12月の旅 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年12月31日

和歌山城(2010.12.22)

若干、旅(2010.12.16-25)の写真でHDRを創っている…それを御紹介したい…

↓和歌山城である!!
DEC22-Wakayama.jpg

早朝の電車を乗り継ぎ、和歌山に辿り着いた辺りでは雨交じりの曇天であったが、次第に天候が好転し、何か強い印象を与えてくれた和歌山城である。

駅前からの“けや木通”という、大変に気持ちの好い広い道路をゆっくり進むと和歌山城である。古く「虎が伏せたような型」と呼ばれた、やや小高くなった辺りに和歌山城の天守閣が佇み、市街を睥睨している…

和歌山城の天守閣はなかなかに好い!!地域を育んだ川、海、山林が観え、そして市街が広がっている…実に清々しい感じの眺めで愉しかった。

城の辺りは「都心のなかなかに広く豊かな緑地」という様相を呈している。実際、随分と多くの鳶を観掛けて、気になったので管理事務所に照会してみると、29種もの野鳥が確認されているのだとか…

和歌山…失敬ながら、ややマイナーな旅先かもしれないが、そういう場所に何気なく立ち寄って「気に入った!!」と言えるようになるというのも、旅の慶びかもしれない…

↓これからも少々増やすが、2010年12月の旅行で撮影した写真で創ったHDRはこちらに…
wakkanai097 - View my 'Photomatrix - Trip on DEC 2010' set on Flickriver
posted by Charlie at 16:23| Comment(0) | HDR/2010年12月の旅 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

彦根城(2010.12.18)

若干、旅(2010.12.16-25)の写真でHDRを創っている…それを御紹介したい…

↓彦根城である…
DEC18-Hikone.jpg

彦根城は琵琶湖の北東岸に築かれた城である。琵琶湖の水運や、人や物資が往来する街道の交わる要地に築かれた要塞であり、名門譜代大名である井伊家の居城だった…

この城については、天守閣など江戸時代の建築がかなり綺麗に残っており、それも貴重なのだが、私は寧ろ愉しく読んだ時代小説のイメージを求めてここを訪ねた…

>『奸婦にあらず』
>『花の生涯』

幕末期、この井伊家から大老の井伊直弼が登場した訳だが、彼、彼の腹心の部下だった長野主膳、愛人だった時期もあるという村山たかと言った人物達が織り成す上記の物語がなかなか面白い…

井伊直弼と言えば、最近観た映画にも出ているのだが…

>映画『桜田門外ノ変』

こういう、愉しく読んだり観たりの作品に縁の地域に立ち寄ってみる旅も好いものだ…

↓これからも少々増やすが、2010年12月の旅行で撮影した写真で創ったHDRはこちらに…
wakkanai097 - View my 'Photomatrix - Trip on DEC 2010' set on Flickriver
posted by Charlie at 16:11| Comment(0) | HDR/2010年12月の旅 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

<ひかりレールスター>(2010.12.21)

12月16〜25日の旅から戻って落ち着いたのだが、また“居候”のために地元稚内を離れた…札幌からの発信となる…

若干、旅の写真でHDRを創っている…それを御紹介したい…

↓新大阪駅の<ひかりレールスター>…
DEC21-HikariRailStar.jpg

御存知の方には当たり前なのだろうが…私にとって驚いたこと…それは<ひかりレールスター>に“喫煙席”が在ったことである!!!今や“絶滅危惧”の“喫煙席”であると想うのだが…岡山から新大阪の極短い乗車ながら、“喫煙席”での旅を、岡山駅の売店でicocaを使って求めた“山田錦”を頂きながら愉しんだのが忘れられない…

↓これからも少々増やすが、2010年12月の旅行で撮影した写真で創ったHDRはこちらに…
wakkanai097 - View my 'Photomatrix - Trip on DEC 2010' set on Flickriver
posted by Charlie at 15:55| Comment(0) | HDR/2010年12月の旅 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする