2020年02月13日

稚内港北防波堤ドーム…(2020.02.08)

↓この辺りとしては最大限に近い低温と冷たい風がキツかったことは否めない中で望んだ光景だ…
08-02-2020 morning (4)

↓上空の寒気が直接に降り注いでいるという状態を思わせる感だ…
08-02-2020 morning (5)

↓眼に見える光景の美しさに魅せられる他方、氷点下10℃を伺うような中、「吹き荒ぶ」という程でもないものの冷たい風が吹き抜けるという「些かキツい…」を免れ得ない状況を「キツい…」と感じている…そんな中での画だ…
08-02-2020 morning (7)

或いは…非常に「時季らしい」という中での画だ…他方、こういう中でも「耐寒」を謳うカメラやレンズは「好い仕事」をしてくれるというような感じだ…
posted by Charlie at 05:07| Comment(0) | HDR/稚内港 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年02月12日

稚内港北防波堤ドーム…(2020.02.11)

↓早朝、「極々短い散策」に出て稚内港北防波堤ドームの辺りに至った…
11-02-2020 morning (3)

氷点下9℃、場合によって氷点下10℃以下で、少し強めな風が冷たく、かなり「キツい…」という感じも見受けられた数日が継続していたが…氷点下4℃程度の気温になっていて、風は弱かった…

氷点下4℃…快適とも言い悪い次元の気温ではあるが、それでも「気温上昇」には違いない…

↓多少雲が多い感じの空模様だ…が、「緞帳の裾から漏れる灯り」というように、朝の光による干渉で色が変わっている空が低い辺りに覗いている…
11-02-2020 morning (5)

↓この角度で視れば、それなりな低温になっている他方での「少雪」という傾向を実感する…
11-02-2020 morning (1)

最近は、辺りが明るい感じになる時間帯が少しだけ早くなっていると「感じ易い」という状況になって来た。日出時刻を調べれば明らかではあるが、「感覚」として変化を自覚出来るというようになるには、やや間を要するというものだ…
posted by Charlie at 05:49| Comment(0) | HDR/稚内港 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年02月11日

稚内港中央埠頭を望む…(2020.02.08)

「極々短い散策」と称して戸外へ出たものの…氷点下10℃を伺うような中、「吹き荒ぶ」という程でもないものの冷たい風が吹き抜けるという「些かキツい…」を免れ得ない状況で、早々に引揚げようとした…それでも、少し明るい「海が視える」という様子に惹かれ、中央埠頭を望む辺りに踏み込んだ…

↓灯りが一際明るい新造船ともう一隻…フェリーは寒気に負けずに出航準備に勤しんでいた…
08-02-2020 morning (14)

↓安全な航行が可能である限り、どんなに寒くても稚内港と利尻・礼文両島を結ぶフェリー…頼もしく有難い存在だ…
08-02-2020 morning (16)

こんな様子を視られたのが嬉しいと思った他方…この辺りとしては最大限に近い低温と冷たい風がキツかったことは否めず、直ぐに退散したのだったが…
posted by Charlie at 05:50| Comment(0) | HDR/稚内港 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年02月10日

稚内港北防波堤ドーム:中央埠頭寄りから望む…(2020.02.08)

↓「冷え切った…」という感の光景だ…
08-02-2020 morning (15)
↑この辺りとしては最大限に近い低温と冷たい風がキツかったことは否めない中ながら、思わず見入ってしまった光景だ…こういう様子も「この時季ならでは」という一面が在る…

今季は「異様??」なまでに雪が少ないが、他方で“寒気”の勢力は弱くはないとういう感だ…こんな光景も意外に頻繁に見受けられるような感だ…
posted by Charlie at 05:15| Comment(0) | HDR/稚内港 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年02月08日

稚内港北防波堤ドーム…(2020.02.07)

例によって、早朝は「極々短い散策」ということで、少しだけ戸外を歩き廻った…

↓手前の歩道に除雪が施され、少し歩き易い感じになった!!大変に好いことだ…
07-02-2020 morning (4)
↑こんな角度での眺めが気に入っている…

↓“消灯”の直前に屋蓋の下を覗いてみた…
07-02-2020 morning (6)
↑これも、何とも名状し難い独特な趣だ…

↓光が解き放たれた感じになり悪い、やや雲が多いような早朝だった…
07-02-2020 morning (3)
posted by Charlie at 03:39| Comment(0) | HDR/稚内港 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年02月07日

降雪に滲み始める景色…(2020.02.04)

少し前の「吹き荒れた強風」のことを思えば、些か下がった氷点下5℃程度の気温も、風が微弱なので「些か穏やか…」と「妙な感じ方」をしてしまう…

↓多少、降った雪が被って足下が綺麗になり、遠景が降雪で些か霞む…
04-02-2020 morning (7)
↑或いは非常に「時季らしい」という感の景色で、思わず見入ってしまった…

こういう時…「凍る足下」には「要注意!!」というものである…
posted by Charlie at 06:10| Comment(0) | HDR/稚内港 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年02月06日

降雪に滲む感の稚内港中央埠頭を望む…(2020.02.04)

やや明るいと思えた空に誘われ「極々短い散策」に出た早朝…歩き始めて少しだけ経つと、何やら雪が降って来た…

↓中央埠頭の様子…「やや…違う?」と思った…
04-02-2020 morning (11)
↑路線での運航を始めたばかりの新しいフェリーが停泊中だったのだと思う…「灯り」の感じがこれまでと一味違う…最近の照明機器は“ランプ”が新しいモノに切替わっていて、従前とは光の感じが変わっている場合が多い…

↓降雪の故に、少し離れた中央埠頭が滲むように見えるのだが…それでも強風でも強い波浪でもないので、フェリーは元気に運航という様子だ…
04-02-2020 morning (9)

こういう景色…好い!
posted by Charlie at 06:20| Comment(0) | HDR/稚内港 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年02月05日

冷え冷えとした朝…:稚内港北防波堤ドーム(2020.02.05)

特段に「ハッとする…」という程の様子が見受けられた、或いは感じられたのでもないが、「穏やかな天候?」と見受けられた早朝に「極々短い散策」に出てみた…

「極々短い散策」に出て程無く…風が微弱であるにも拘らず、酷く手が冷たくなる気がした…寒気が上空から元気よく降り注いでいると見受けられる状況らしかった…

↓早朝までに些か雪が降り積もった様子で、この稚内港北防波堤ドーム周辺も「時季らしさ」が些か増した感だ…
05-02-2020 morning (2)

↓何か名状し悪い、不思議な雲の拡がり方で、空の様子が興味深かった…
05-02-2020 morning (9)

酷く手が冷たくなり、本当に「極々短い散策」ということで早々に引揚げたが…この辺りとしては「冬季の酷く寒い感じ」に該当する氷点下8℃程度の気温だった…

こういう様子を眺めるというのも…「時季らしさを愛でる」というようなことなのだと思う…
posted by Charlie at 18:24| Comment(0) | HDR/稚内港 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年02月04日

降り始めた雪に滲む空…:稚内港北防波堤ドーム(2020.02.04)

やや明るいと思えた空に誘われ「極々短い散策」に出たのだったが…「雪!?」という状況…

↓「やや明るい」と感じさせてくれた空の様子が遠くに滲む…
04-02-2020 morning (6)

こういう様子も「時期らしい…」と見入ってしまう…更に、こういう中で確り写真が撮影出来る、愛用のカメラやレンズの「防滴」、「耐寒」という性能が非常に有難い…
posted by Charlie at 18:44| Comment(0) | HDR/稚内港 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年02月01日

荒天の後…:稚内港北防波堤ドーム(2020.02.01)

↓「降る」というより寧ろ「吹く」という感じ…稚内では「雪」と言えば、天から地へ降ると同時に、海を渡る風に舞って街中を右往左往するものというイメージが在るが…稚内港北防波堤ドーム周辺でも、降った雪が風の御蔭で右往左往した様子が伺えた…
01-02-2020 morning (2)

↓稚内港北防波堤ドームの屋蓋の下には、「降る」雪は入らない筈だが…「吹く」雪は確り入り込んでしまう…
01-02-2020 morning (6)

↓荒天の後には独特な風情が在る…
01-02-2020 morning (4)
posted by Charlie at 10:45| Comment(0) | HDR/稚内港 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年01月31日

風と雪と…:稚内港北防波堤ドーム(2020.01.30)

強風な状況が昼前に始まり、夕刻から夜に至っても継続し、降雪も交じった…

「戸外に出たいと思わない…」というような天候であったが…「夕食?」と思いめぐらした時、拙宅には珈琲豆、酒、オイルサーディンの缶詰、強いて加えると些かの調味料という程度の食糧が在るばかり…御近所の様子を伺えば、食事が可能な店は普通に営業していた…

そこで夕食に出ることにしたが、序でに辺りをほんの少々歩いて様子を視た…

↓「非常に歩き悪い!!」という場合も在る程度の強風であった中、こんな様子が視える辺りに至った…
30-01-2020 evening (2)
↑降雪量は然程多くないのかもしれないと感じた…或いは、降ったモノが直ぐに風て飛ばされてしまっているのかもしれないが…

↓雪が強風に舞っている…降っている雪か、降り積もった雪が風に乗っているのか、見分けることはし悪い…
30-01-2020 evening (4)
↑雪が、ステージ演出のスモークか何かのような状態になっている…

こんな夕べに、本当に「少しだけ…」と様子を視て、直ぐに近所の店で夕食を愉しみ、引揚げて早めに休んだ…

そして未だ暗い早朝を迎えたが…例えば拙宅の玄関辺りの様子を視ても、雪は降り積もったという感でもない…道路等は、除雪も入っている様子だ…「降る雪」よりも「強風に舞う雪」が優勢な感である。とりあえず、暫くは「荒天に注意」という感だ…
posted by Charlie at 04:54| Comment(0) | HDR/稚内港 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年01月30日

稚内港北防波堤ドーム…朝…(2020.01.29)

↓明るい空に誘われ、「極々短い散策」に出てみた…
29-01-2020 morning (4)

↓氷点下5℃程度…冷たい空気が拡がる感の空が美しいと思った…
29-01-2020 morning (5)

↓屋蓋の下を覗いた…今季は酷く雪が少なく、この場所では「積雪の無い時季」と同じように歩くことが出来るような感だ…
29-01-2020 morning (7)

↓少し高くなっている場所にも上がってみた…
29-01-2020 morning (8)

↓この角度に廻り込めば、少し雰囲気も変わる…
29-01-2020 morning (1)

雪が酷く少ないので、気温は時季らしい感であるものの、少し様子が不思議に見える昨今である…
posted by Charlie at 06:43| Comment(0) | HDR/稚内港 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年01月29日

稚内港北防波堤ドーム:凍てつく朝…(2020.01.28)

「極々短い散策」に出てみるというのも、東寄りな空が明るい朝には“定番”または“恒例”という感である…

↓「1月下旬?!」という程度に雪が少ないが…氷点下7℃程度という低温である…
28-01-2020 morning (2)
↑剥き出しになっている広場が凍っている感で、氷に灯りの光が跳ね返っている…

↓道路面も一部が硬く凍っている感だ…
28-01-2020 morning (3)

↓晴天の早朝は上空の冷え切った空気が降り注いで辺りを包んでしまうというような…そんな気がしてしまう…
28-01-2020 morning (4)

氷点下7℃程度では、かなり手が冷たい感じになることを免れ得ず、然程の時間を経ずに素早く引揚げた…
posted by Charlie at 04:12| Comment(0) | HDR/稚内港 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年01月28日

稚内港北防波堤ドーム:稚内港中央埠頭側から望む…(2020.01.28)

東寄りな空の明るさに誘われて「極々短い散策」に出てみる早朝というのは気持ちが好い…が…氷点下7℃という次元に気温が下がれば、流石に少々キツい感も免れ悪いが…

↓未だ「消灯前」の稚内港北防波堤ドームが少し遠くに見えている…
28-01-2020 morning (6)

↓催事のために敢えて集めて積み上げた雪も在るが…辺りの積雪は非常に少ない…
28-01-2020 morning (10)

明るい空の様子を跳ね返すような冷たく穏やかな海面…非常に「時季らしい」かもしれない…
posted by Charlie at 18:05| Comment(0) | HDR/稚内港 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

稚内港中央埠頭を望む…(2020.01.28)

早朝…東寄りな空の明るさに誘われて「極々短い散策」に出てみた…

↓雲が少ない空が、日出前の時刻に朝の光で染まっている感だ…
28-01-2020 morning (7)

↓穏やかな海面が空の様子を跳ね返すような風情だが…朝の気温が氷点下7℃程度だった…
28-01-2020 morning (11)

氷点下7℃程度では、かなり手が冷たい感じになることを免れ得ず、空と海の様子を一瞥して直ぐに引揚げた…
posted by Charlie at 18:04| Comment(0) | HDR/稚内港 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年01月26日

稚内港北防波堤ドーム…(2020.01.25)

時折雪が降り頻り、強めな風も見受けられる中ではあったが…休日の日中ということで、少しばかり戸外へ出た…

↓降っているモノなのか、積もったモノが風で舞い上がっているのか、何やら判然としない状況…若干霞むような具合に、佇む稚内港北防波堤ドーム…
25-01-2020 (8)

或いは非常に「時季らしい」というような眺めだ…
posted by Charlie at 15:31| Comment(0) | HDR/稚内港 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年01月23日

暁への出航…:稚内港中央埠頭を望む(2020.01.23)

「東寄りの空が明るい?」という早朝となれば…何となく「極々短い散策」と称して少し辺りを歩いてしまう…何時の間にか“慣例化”してしまっているのだが…

↓氷点下2℃程度で微風という中…静かな海面に空の雰囲気と沿岸構造物の灯りが映り込むような状況で、利尻や礼文を目指すフェリーが出航に備えている状況が視える…
23-01-2020 morning (11)

↓やがて高らかに船の汽笛が辺りに響き渡った…
23-01-2020 morning (14)

↓日出時刻の少し前…暁の空に向かって、先に出航するフェリーが静かに動き始めた…
23-01-2020 morning (18)

↓防波堤で囲われた辺りから出るべく、慎重に方向転換しながら航行している様子が伺える…
23-01-2020 morning (19)

こうした「朝の稚内港」という感じ…非常に好い!!
posted by Charlie at 18:27| Comment(0) | HDR/稚内港 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年01月22日

朝…:稚内港北防波堤ドーム(2020.01.22)

東寄りな空が少し明るく、風は微弱であるが、気温は氷点下2℃程度…時季としては「穏やか」と言い得るようには思うが、「よく冷えている…」という感でもある。

↓「極々短い散策」に出て稚内港北防波堤ドームの辺りに至った…
22-01-2020 morning (1)
↑今季の「雪の少なさ」は少々驚く程度だ。他方、「低温」は例年と大差が無いような感で、何やら「凍てついている…」という雰囲気だ。

↓空を見上げると、冷たい空気が満ちているというような気がしてしまう…
22-01-2020 morning (6)

↓他方で、未だ日出前の時刻で灯ったままである稚内港北防波堤ドームの灯りの光を目にすると、何か温かいというような気もしてしまう…
22-01-2020 morning (5)

↓凍った路面…凍った箇所に灯りの光が跳ね返っている…
22-01-2020 morning (7)

或いは「今季の雰囲気」というようなものが非常に強く伝わるような光景だと思う…
posted by Charlie at 18:09| Comment(0) | HDR/稚内港 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年01月20日

稚内港北防波堤ドーム:朝…(2020.01.20)

最近は「朝早くにやや雲が多い」という感じが頻発しているような気がしている。と言って、朝早くに少し派手に雪が降るということでもない…「少雪傾向」というような感が続き、少し曇って、少し晴れて、少し雪が降ってということがランダムに繰り返され、気温は「氷点下基調」という按配…最近の稚内の様子だ。

そういう中だが、今朝は「東寄りな空が少し明るい?」という程度に見えた。そこで「極々短い散策」というものに出てしまった…

↓東寄りな空が見易い稚内港北防波堤ドームの辺りにやって来た…
20-01-2020 morning (2)
↑確かに低めな空が少し明るいようである…

↓「極薄い…」というような按配ではあるが、積雪が辺りを覆うようになった…
20-01-2020 morning (5)

↓屋蓋の下、柱列の側は存外に雪が吹き込んでいる。壁側は舗装面が覗いている…
20-01-2020 morning (6)

↓雪に妨げられるでもないので、少し高い辺りに上がってみた…
20-01-2020 morning (7)
↑雲が緞帳のように空を覆い、「緞帳の裾から奥の光が漏れる」というような感で、空が朝日の光の干渉を受けている様子が見受けられる…

1月も第3旬に入ろうとする中、極々僅かに「(早朝の)明るくなる時間帯」が早くなっているかもしれない…

今朝は氷点下2℃程度の気温であったが、風はやや弱く、「何となく穏やか」という感だった…
posted by Charlie at 17:49| Comment(0) | HDR/稚内港 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年01月19日

海面に雲…:稚内港第一副港周辺(2020.01.18)

↓穏やかな午後に辺りを少し歩いた…
18-01-2020 vol01 (10)
↑海面に…雲が浮かんでいるかのように見えた…

こういう様子が偶々視られると、何となく好い感じだ…
posted by Charlie at 16:53| Comment(0) | HDR/稚内港 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年01月14日

早朝の風雪…:稚内港北防波堤ドーム(2020.01.14)

夜遅くから降雪が断続しているというように見受けられた早朝…「極々短い散策」と称して戸外に出てみた…

↓降雪が少々勢いを得た感であったが、同時に風が多少強めになっていた…
14-01-2020 morning (2)
↑「降り積もった」という雪と、「風で飛び散った」という雪とが混然となっているような感であった…

↓「一寸した吹雪…」というような様相で、遠景が少し霞んでしまっている…
14-01-2020 morning (3)
↑ISO感度を少々挙げていてもシャッター速度は余り上がらず、「雪が降るまたは吹く」という様子が写真でも少し判る…

↓或いは降り、或いは吹くという雪に、信号機、街灯、稚内港北防波堤ドームの灯り等の光が滲む感じだ…
14-01-2020 morning (7)

こうした冬の情景…「稚内らしい!!」と、何度視ても少しばかり心動かされるものが在るが…余り長い時間はこういう中で佇む、歩き廻るのはキツい…気温は氷点下5℃程度で、少しばかり戸外を歩き廻っただけでかなり手が冷たくなった…
posted by Charlie at 18:43| Comment(0) | HDR/稚内港 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

稚内港北防波堤ドーム…(2020.01.12)

↓灯りが点き始めたような頃の稚内港北防波堤ドームだ…
12-01-2020 evening (5)
↑少ない雪ながら、何やら寒々しい…

↓道路も雪に覆われている…
12-01-2020 evening (8)

↓久し振りに海側にも廻ってみた…
12-01-2020 evening (10)

この辺りは朝に歩き廻ることが多いのだが…何となく夕刻に動いたのだった…
posted by Charlie at 03:54| Comment(0) | HDR/稚内港 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年01月13日

稚内港中央埠頭からの眺望…(2020.01.12)

↓不意に思い付いて、中央埠頭の辺りを歩いた…日没の時刻の周辺だ…
12-01-2020 evening (2)
↑特徴的な形の稚内港北防波堤ドームや、辺りの構造物が色々と視える中、滑らかな海面に空の感じが映り込んでいる…

「何となく眼にする光景」というようなモノが愛おしく思える場合も在る…
posted by Charlie at 17:38| Comment(0) | HDR/稚内港 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

稚内港第一副港…(2020.01.12)

↓波静かな繋留濠の水面と停泊中の船や沿岸の構造物と背後の空…第一副港の景色…時々眺めると「美しい…」と思うことが在る…
12-01-2020 (1)

↓時には背後の空が不思議な様相を呈している…
12-01-2020 (5)

こういう「何となく眼にする光景」というようなモノが酷く好い場合が多く在る。そしてそれらを撮るのが愉しい…
posted by Charlie at 11:20| Comment(0) | HDR/稚内港 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年01月11日

稚内港北防波堤ドーム(2020.01.11)

朝…些か雪が交じった中、「極々短い散策」に出てみた…

↓辺りが薄い積雪に覆われ、少々様子が変わった感だ…
11-01-2020 morning (2)

↓道路も雪に覆われた…
11-01-2020 morning (4)

↓一部、「凍った上に薄い雪」という、歩き廻る際には面倒な状況の足下というのも見受けられた…
11-01-2020 morning (7)

↓引揚げる際に海側から稚内港北防波堤ドームを眺めるということもしてみた…
11-01-2020 morning (11)

こうした「日々変わる様子」を眺めるのも好いものだ…
posted by Charlie at 16:50| Comment(0) | HDR/稚内港 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする