2021年01月24日

稚内港北防波堤ドーム…(2021.01.24)

「穏やかで冷えている…」という感の早朝であった…

↓降雪や気温の低下と上昇とが色々と在り、この稚内港北防波堤ドーム辺りの様子も変わり続けているかもしれない…
24-01-2021 early morning (3)

↓久し振りに朝早くから「明るい」という感じになったような気がする…
24-01-2021 early morning (5)

↓非常に静かな感じだ…
24-01-2021 early morning (7)

こういう朝の感じが、或いは非常に「当地らしい」と思う…
posted by Charlie at 08:57| Comment(0) | HDR/稚内港 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年01月14日

海の結氷…(2021.01.13)

「稚内港というのは冬季に凍るものだっただろうか?!」と、ウェブ上に出回る、稚内市開基百年記念塔にでも据えられたと思しきカメラで撮った稚内港の写真を示しながら尋ねて来た知人が在った…

問いに応え、「氷点下10℃前後に冷え込んだ感じが少し続くと、港の一部水域で水面が凍る場合も在る。が…珍しいと思う。最近は“珍しい”という程度に冷えてはいた」と連絡した。「なるほど!氷点下10℃ともなれば、少し広い範囲で水が凍るような、なかなかの寒さであろう…」と先方は得心していた。

やり取りの後…「そう言えば、“凍った海”というのは稀かもしれない…一寸、視に行く?」と思い付いた…

「行く」と言っても、日頃から船や海や空を眺めに出てみる「極々短い散策」の範囲だ。しかし、吹き溜まった雪に行く手を阻まれ、そこを強引に突き進むような、何処となく「一寸した探検…」のような風情さえ漂う中で、港の海面を望む辺りに出てみたのだ…

↓防波堤に囲まれた水域、沿岸寄りの海面が凍ってしまっている…「余り視ない…」という様子だ…
13-01-2021 early morning (8)

↓沖は氷の影響が無い訳で、フェリーは普通に出航の準備に勤しんでいた…埠頭の上には吹き溜まった雪が多く見受けられる…(こういう程度の吹き溜まりを強引に踏み分けてこの辺りに至った…)
13-01-2021 early morning (10)

↓こちら側の、稚内港北防波堤ドームが視える側も海面が凍っていた…
13-01-2021 early morning (11)

「少しだけ気温が上昇?」という噂も出ていた中、確り凍った様子を強引に眺めてみた。氷点下の気温でも<X-Pro2>や装着した1<XF16mmF2.8>は問題なく動き、氷の質感を確り記録してくれた訳だ…

今季は“低温傾向”で、少し変わった様子が視られた…
posted by Charlie at 18:08| Comment(0) | HDR/稚内港 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年12月16日

稚内港中央埠頭を望む冷えた早朝…(2020.12.15)

拙宅の玄関前で戸外の様子を伺ってみた。その段階で「酷く冷えた状態が続いている…」というのは判った…

それでも或る種の「怖いモノ視たさ…」にやや近い感覚で、「極々短い散策」と称して戸外を歩いてみた…

↓中央埠頭を望んでみた…
15-12-2020 morning (5)
↑出航に向けて待機中である2隻のフェリーの手前に、大きな貨物船―セメント会社の船と見受けられる…―が停泊していた…

↓埠頭上に薄目な積雪は在るが、「強風で吹き散っている」という感だ…佇んでいても、やや強い冷たい風が身体に刺さるかのようだった…
15-12-2020 morning (6)

↓「曖昧な明るさ」とでも呼べば好いか?雲がやや多い中に、早朝の光が漏れるような感である…そして風が海面に波紋を造っている…
15-12-2020 morning (9)

こういう風情を眺めるのは好いが…冷たい風が厳しいので、正しく「極々短い散策」というもので、直ぐに引揚げた…
posted by Charlie at 06:03| Comment(0) | HDR/稚内港 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

稚内港北防波堤ドーム(2020.12.15)

↓正直、こういう様子を眺めて佇むことが少々キツいと思った…氷点下5℃程度で冷たい風が吹き抜けている。その風が身体に突き刺さるかのような感だったのだ…
15-12-2020 morning (3)
↑稚内港北防波堤ドーム手前の広場は、積雪が斑になっている。これは降って積もるべき雪が、吹き抜ける風でランダムに「吹き散らされる」ということが続いていた結果として発生する状態である…

この辺りでは、「降雪状態」のことを「吹く」と呼ぶ場合が在る。「(雪が)降ってきた…」ではなく、「吹いてきた…」という人が存外に多く見受けられる…

未だ積雪量は然程でもないように見受けられるが…段々と“冬季”が進んでいるような感だ…
posted by Charlie at 05:59| Comment(0) | HDR/稚内港 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年12月13日

早朝の月と稚内港北防波堤ドーム…(2020.12.12)

↓早朝に「月が未だ視える…」という状況に出くわすのが、個人的には何となく好きだ…
12-12-2020 morning (3)

↓海岸部から陸側へ廻り込んでみる…
12-12-2020 morning (7)

↓この辺りでも月は視えた…
12-12-2020 morning (8)

とりあえず積雪が少なく、凍った箇所がやや広く見受けられるような感じだ…少し「天候が悪い期間」が近付いているとの説も…

そんな様子に想いを巡らせ、冷えた朝の景色を何となく愉しんだ休日だった…
posted by Charlie at 06:46| Comment(0) | HDR/稚内港 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年12月12日

稚内港中央埠頭を望む…(2020.12.12)

特段に降雪が在った気配―些かの積雪らしきもの…―は感じられず、風は微弱であった他方、「空気が冷たい…」とややハッキリ意識したくなる「0℃を割り込んでいるらしい気温?」という早朝…

↓ふらりと戸外に出ると、こういう様子が視られた…
12-12-2020 morning (18)

↓待機中のフェリーは順次出航する筈だが、今の時季、フェリーが出た後になってから日出であると見受けられる…
12-12-2020 morning (14)

こういうような様子…何か眺めていて愉しいのだが、0℃を切る気温では手が冷たくなるので、然程の長居はせずに引揚げた…
posted by Charlie at 19:53| Comment(0) | HDR/稚内港 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

早朝に稚内港北防波堤ドームを望む…(2020.12.11)

↓日出の時刻に少しばかり間が在ると思ったが、空が明るい感じになっている…
11-12-2020 morning (4)

少しばかり冷えた感じながら、時季としては穏やかな朝だと思った…
posted by Charlie at 08:54| Comment(0) | HDR/稚内港 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年12月08日

朝の海を望む…:稚内港中央埠頭(2020.12.07)

雲が少し多めな感じであった他方、多目な雲の隙間から朝の光が洩れているのが判るような朝だった。然程風は強くないと思ったが、それでも1℃というような次元なので酷く寒いことに疑念の余地は無い…

↓海を望んだ…上空から沿岸に掛けて、或いは海面の感じが面白く見えた…
07-12-2020
↑朝に稚内港に入り、貨物を積み込んでサハリンのコルサコフ港を目指す予定の船が中央埠頭に接近しようとしている様子も見える…

何か「冬の稚内港」という風情が溢れる画で、こうして写真で観るとなかなかに好い感じだと思う。が…埠頭の辺りに佇んで眺めるのは、時間が長くなるとややキツい場合も在ることは否定し悪い…
posted by Charlie at 06:22| Comment(0) | HDR/稚内港 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年12月07日

稚内港中央埠頭を望む…:早朝(2020.12.06)

早朝に、明るい感じになる時間帯が遅めになっている…

↓稚内駅から旭川駅へ向かう特急列車が発車する音が聞こえていたような時間帯…6時36分を少し過ぎた辺りの様子だ…
06-12-2020 morning (8)
↑未だ朝陽は上らない…静かな海面に空の感じや沿岸の灯り等が映り込む…フェリーは出航に備えている…

こういう「何時もの静かな朝」が酷く愛おしいような気がする…
posted by Charlie at 07:23| Comment(0) | HDR/稚内港 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年12月06日

路面が凍る中…:稚内港北防波堤ドーム(2020.12.06)

前日の日中は気温が「プラスの側」に少しだけ出ていたようだ…

その気温と、些かの陽射しの故に積雪が若干溶け、硬い雪が柔らかくなっていたようではあったが…

↓早朝に気温がまた「マイナスの側」になった中で、柔らかくなった雪の水分、或いは溶けた箇所の水気が凍ってしまった様子だ…
06-12-2020 morning (3)
↑凍った箇所の氷が光を跳ね返すような感じが見受けられる…

ぼんやりと眺めるには悪くない景色かもしれないが…戸外を動き回る際には要注意だ…
posted by Charlie at 09:03| Comment(0) | HDR/稚内港 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年12月04日

早朝…:稚内港北防波堤ドーム(2020.12.04)

何時の間にか「1日を通じて気温が0℃を超えていない…」という状況も見受けられるようになった。降水が在れば、それは確実に“雪”という状況で、充分に冷えているので、降った場合にも積もり易い…

↓そんな状況下の早朝、何となく戸外に出た…
04-12-2020 morning (3)

↓酷く「冬らしい…」という感じになっている…
04-12-2020 morning (7)

こんな様が「常態化」して行く訳だが、それでも未だ気温が些か上昇して雪が不意に少なくなる場面も在るのかもしれない…もう…“冬”から後戻りし悪い感じだ…
posted by Charlie at 08:05| Comment(0) | HDR/稚内港 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年11月25日

冷えた早朝の風情…:稚内港北防波堤ドーム(2020.11.25)

↓多分2℃程度の、寒々しい感の早朝である…
25-11-2020 morning (4)

↓雨や雪が交る感じの早朝が続いたような感の中、少々寒くとも明るいというのは心地好いと思った…
25-11-2020 morning (5)

↓今朝は風浪も静かな感じであった…
25-11-2020 morning (6)

この時季、日出の時刻は6時45分辺りになっている…未だ日出時刻まで間が在るような中で、何となく出てみた「極々短い散策」であった…
posted by Charlie at 18:01| Comment(0) | HDR/稚内港 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年11月23日

稚内港中央埠頭寄りな辺りから稚内港北防波堤ドームを望む…(2020.11.23)

気温が下がった感の早朝には、海岸部は殊更に寒いというような気がするものだ…

↓冷め切った空気の中、未だ消灯にならない稚内港北防波堤ドームの灯りが見える。こういう様が美しい…
23-11-2020 morning (7)

↓多少「夜の残滓」という感もする空の様子が、海面の静かな部分に映り込む…
23-11-2020 morning (10)

何か「寒々しい稚内の冬季の朝」という感が色濃い風景だ…「美しい…」と暫し見入ってしまうのだが…直ぐに寒さがキツく感じられ、素早く引揚げてしまう…

そんな慌ただしい動きの中、眼に留めた情感溢れる光景を、愛用の<X100F>は確りと記録してくれる。それが酷く嬉しい…
posted by Charlie at 09:50| Comment(0) | HDR/稚内港 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年11月21日

早朝…:稚内港北防波堤ドーム(2020.11.21)

何時の間にか「寒いね…」が「挨拶代わり」として定着して来たような気がする昨今…

前日は「(テレビドラマや映画等の)海難事故でも発生しそうな場面の効果音!?」とでも表現したいような、強風に由来すると見受けられる妙な音が聞こえる状態が朝から夕刻まで続いていたような感だった。強風で雨交じり…一寸、嫌な感じの天候だった。

そんな一日が暮れ、迎えた朝である…相変わらず雲は多く、薄暗い感で冷たい風が吹き抜けてはいるが、「(テレビドラマや映画等の)海難事故でも発生しそうな場面の効果音!?」とでも表現したい妙な音は聞こえなくなっていた…

↓早朝に、少しばかり戸外に出てみた…例によって、稚内港北防波堤ドームの周辺へ足を運んだ。
21-11-2020 morning (3)

↓前日程でもないが、風浪が強めである状況に変化は余り無い感じだ…
21-11-2020 morning (5)

↓前日に交っていた雨で湿った感じが多少残っている…
21-11-2020 morning (7)

↓午前6時を過ぎていたと思うが、未だ“消灯”ではない…
21-11-2020 morning (9)

↓何度眺めても、この構造物は美しい形状だと思う…
21-11-2020 morning (10)

↓何やら寒々しい…
21-11-2020 morning (12)

早朝に戸外に出てみるようなことを「極々短い散策」と称しているが、突き刺さるような冷たい風なので、本当に「極々短い…」という時間で引揚げてしまった…

当地は…未だ雪が積もらないものの、既に冬の趣だ…
posted by Charlie at 09:43| Comment(0) | HDR/稚内港 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

風浪…:稚内港北防波堤ドーム(2020.11.20)

風か?浪か?遠くから「何やらの音?」が聞こえている。佇めば明らかに風は強めで、些かの雨も交じる。

そういう様子の早朝、「(半ば)怖いもの見たさ(?!)」というように少しだけ戸外に出てみた。

↓何やら「白く泡立っている?!」という程度に浪が強い海が見えた…
20-11-2020 morning (6)
↑この画のように視える「海を見る位置」に佇もうとすると、海側(東寄りの方角)からのかなり強い風を受け、何やら「危ない…」という気さえしてしまった…

一寸だけ様子を見て、海に背を向けて引揚げたが…歩を進めてみれば「強風に背中を押される?」とさえ思ってしまうような感だった。

とりあえず「風浪が強い!」という朝だった…或いは「この辺りらしい感じ」かもしれないが…
posted by Charlie at 06:35| Comment(0) | HDR/稚内港 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年11月15日

冷たい風が強めな早朝に…:稚内港(2020.11.15)

天が明るい感じに見えた早朝…

↓中央埠頭を望むような辺りに出て佇めば、うねる海面に風が渡っているような感じになっていた…
15-11-2020 morning (1)

↓北埠頭側も望んでみたが、うねる海面に風が渡るような感じに変わりは無い…
15-11-2020 morning (4)

↓気温が酷く下がっているというようにも、やや言い悪い感ながら、酷く風が強かった…
15-11-2020 morning (3)

↓こんな時季「らしい」のかもしれないが…
15-11-2020 morning (5)

少しばかり様子を伺い、早めに引揚げてしまったのだった…
posted by Charlie at 08:31| Comment(0) | HDR/稚内港 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年11月14日

融雪…風雨…:稚内港北防波堤ドーム(2020.11.14)

週の初めに雪が降り積もったという経過が在ったが、少しだけ気温が上がり、雨も交った中、直ぐに雪が降り積もる以前の状態となった。

そういう中…早朝恒例の「極々短い散策」に出てみた…

↓明るい感じになる時間帯は着実に遅くなっているが…雪が降り積もる以前の状態に復している…
14-11-2020 morning (1)

↓冷たく、耐え難いという程でもないものの、存外に強い風が吹き抜けていた中、何となく様子を眺めた…
14-11-2020 morning (2)

そうしていた感に雨が少々交り、稚内港北防波堤ドームの灯りも程無く消えた…「寒さ」がキツいように感じ、素早く引揚げた…

寒く薄暗い休日の朝だが…雪が降り積もり、溶けて消えというのが何度か繰り返され、雪は街に居座ってしまう訳で、長い冬に想いを巡らせてしまう…
posted by Charlie at 07:28| Comment(0) | HDR/稚内港 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年11月10日

雪!?:稚内港北防波堤ドーム(2020.11.09)

寒々しいような感じが続いてはいたが…すっかりと早く陽が沈む時間を過ぎ、午後5時台の暗くなった時点で「雪が…交って…一部に積もっている?」という状況が見受けられた…

↓雪は降り続いて、こういうような様子が見受けられた…
09-11-2020 evening (6)

↓存外に激しく降っているような感の雪だ…
09-11-2020 evening (7)

↓厳冬期のようにサラサラではない、何となく「付着する…」という感じの雪が勢い良く降り続いた…
09-11-2020 evening (8)

「観測」という意味では既に雪は記録されているようなのだが、「誰にでも判り易い=雪が降り積もって辺りの様子が一変…」ということでは、この「11月9日の夕刻」というのが「今季初の…」と感じられる雪であった…
posted by Charlie at 06:55| Comment(0) | HDR/稚内港 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年11月06日

紫の朝…:稚内港中央埠頭を望む(2020.11.06)

少々寒い感じな中、「(飽くまでも!!)相対的にほんの少しだけ温かい?」と思える程度、2℃や3℃の次元とは思うが、気温が上がった気がした早朝だった…

↓ほんの少しだけ戸外に出てこういう様子を眺めた…
06-11-2020 morning (10)
↑午前6時前後になる…未だ日出時刻に少し間が在る…

秋が追い立てられてしまったような感だ…
posted by Charlie at 18:00| Comment(0) | HDR/稚内港 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年11月05日

稚内港北防波堤ドーム:早朝…(2020.11.05)

「4℃」というような気温…計測した結果、見受けられる値としては何時でも同じなのだと思う。が、例えば「11月初旬の4℃」と「3月初旬の4℃」というのでは「感じ方」に大きな差異が在るように思う。

氷点下の気温も見受けられるような機関が続いた中で、「3月初旬の4℃」という状況に出くわすと「温かくなった!?」と感じる。

対して、秋が追い立てられるように風が冷たくなっていく中、「今日は一寸…気温も下がって…」という中で出くわすような、「11月初旬の4℃」は殊更に寒いような気がする。「少し寒くなった…」と盛んに使うようになった暖房が少々効いている屋内から、何となく戸外へ出てみた際の“落差”のようなモノに関して、殊更に大きいような気もしてしまう…

↓そういう「11月初旬の4℃」という早朝ではあったが、思い付いて「極々短い散策」と称して戸外へ出てみた。
05-11-2020 morning (2)

↓多少、雲が散って流れている感だが、天は少し明るいような気がする。
05-11-2020 morning (4)

↓冷えた空気の中に浮かぶような、この稚内港北防波堤ドームの感じが、何度眺めても好い…
05-11-2020 morning (5)

↓こんな景色を撮る場合には、<X100F>を提げてというのが心地好い気がする。
05-11-2020 morning (8)

↓海側に廻り込んでみた…
05-11-2020 morning (10)

↓何となく浪は強めだった…風は然程でもない…
05-11-2020 morning (13)

↓海鳥の動きも活発であったかもしれない…
05-11-2020 morning (17)

「健康のために歩く」というような趣旨であるなら、距離、時間共に少し足りないような気もしないではないのだが、近所の好い景色を愛でるべく、早朝に少しばかりの時間を割いて「極々短い散策」と称して戸外に出るのは悪くない。これからの時季は?気温が低くなり、風が冷たい場合も在るので、散策の時間はどうしても短めで終始してしまうのかもしれないが…

↓それにしても…今朝は「時季らしい」という風情に出くわしたような気がする…
05-11-2020 morning (19)
posted by Charlie at 18:02| Comment(0) | HDR/稚内港 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

早朝の中央埠頭を望む…(2020.10.28)

雲が非常に多い空が、日出の時刻辺りに「微妙な色合い」を見せた…

↓中央埠頭を望む辺りに出てみた…
28-10-2020 morning (4)
↑「緞帳の裾に見受けられる隙間」という感で、低空の雲が切れている辺りから光が漏れ、その光が雲の色に干渉しているというような様子だった…

↓奥の2隻のフェリーが出航に備えているらしい感である他方、手前の貨物船も何やら作業をしている風であった…
28-10-2020 morning (3)

防波堤で囲われた水域ではあるが、朝の海面は静かな感じだった…
posted by Charlie at 17:50| Comment(0) | HDR/稚内港 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年10月31日

雲がやや多い朝…:稚内港北防波堤ドーム(2020.10.31)

最近は1日の中で天候の感じ、温かく感じるか寒く感じるか、というようなことが変わり易いような気がしている。

夜間から早朝に関しては、最近は雨が断続するような場合が多いように思う。昨夕は何となく愉しく過ごして帰宅という展開であったが、その段階で降雨は見受けられなかったが、少し遅めな時間帯に雨が交ったという“残滓”が早朝にも感じられた…

↓早朝の戸外へ一寸出てみた…
31-10-2020 morning (3)

↓然程風が強いとも思わなかったが、何となく浪が少しだけ強いような気がした…
31-10-2020 morning (6)

↓朝陽の姿が視え悪い早朝だった…
31-10-2020 morning (11)

10℃を切るような程度の気温…10月が去り行こうとしている…
posted by Charlie at 08:28| Comment(0) | HDR/稚内港 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年10月21日

雲が…無い…:稚内港北防波堤ドーム(2020.10.21)

明るい感じがする早朝だった…前日の様子とは随分と異なった…

↓雲が…無い…
21-10-2020 morning (2)

↓スッキリと高い天まで、天の面が連なっている様子がよく判る感だ…
21-10-2020 morning (3)

↓スッキリと明るい感じで、前日の様子が未だ記憶に新しいので、多少驚いた…
21-10-2020 morning (5)

上空の高い辺りに漂う冷たい空気が地上へ漏れ出て来るのか?何やら「ひんやり…」という感だった。気温は6℃程度だったらしい…地域によっては「寒いですね…」が挨拶替りになるような状況ではないだろうか?稚内でも「急に気温が落ちて…一寸寒い…」という話しにはなると思うが…

「冬の予兆」がまた少し強まったような気がする…
posted by Charlie at 07:11| Comment(0) | HDR/稚内港 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年10月20日

雲がやや多い…:稚内港北防波堤ドーム(2020.10.20)

早朝には、単純に未だ真っ暗なのか、雲が多いのか判然としない時間帯というモノが在るような気がする。その「判然としない」を通り越したような頃が、恒例の「極々短い散策」に出てみる頃合いのような気がする…

↓雲が多い朝だ…
20-10-2020 morning (2)

↓他方で、複雑に組み合わさって浮かぶ雲の「広めな隙間」が明るく、何となく面白い景観を創り出しているように思った…
20-10-2020 morning (3)

↓上空で雲は意外に強い勢いで流れているようだ…
20-10-2020 morning (9)

↓「極々短い…」という表現に違わず、海岸に佇んだのは短めな時間だが、光の様子は随分と変わった…
20-10-2020 morning (12)

10℃を切っていて、風が冷たい…何やら「冬の予兆」というような空気感が溢れるような感になって来た…
posted by Charlie at 07:40| Comment(0) | HDR/稚内港 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年10月18日

雲が少ない朝…:稚内港北防波堤ドーム(2020.10.18)

早朝…何やら「殊更に明るい…」というように感じた…

↓「極々短い散策」と称して戸外に出てみた…
18-10-2020 morning (2)
↑天に雲が余り流れていない感だ…

↓雲が少ないので、何やら天が非常に明るいように感じた…
18-10-2020 morning (8)

↓日出時刻以前の「光の干渉」で天の色合いが変わっていたような感だった…
18-10-2020 morning (10)

↓余りに雲が少なく、天は変化に乏しいという感を否めなかった…
18-10-2020 morning (14)

早朝、日出前の辺りでは10℃を些か切る程度であろうか?そんな様子を眺めて、何となく直ぐに引揚げてしまった朝だった…
posted by Charlie at 08:20| Comment(0) | HDR/稚内港 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする