2021年01月26日

佃島と中央大橋とを望む…(2020.12.26)

永代橋を眺めた際に、橋の背後にタワーマンション群が視えたことに興味を覚え、もう少しそれらが「視易い?」と思えた側へ歩を進めてみた…

↓何か「“未来都市”?」というようなことを連想してしまう光景だった…
26-12-2020 Tokyo (3)
↑緩やかに流れる隅田川の穏やかな水面に、巨大な建築群が揺れている。そして大きな橋が視える。橋は中央大橋だ…

中央大橋は1994(平成6)年に登場したそうだ。恐らく佃島にタワーマンションが登場して行ったような時期であろう…

永代橋の周辺は「河岸の遊歩道」という体裁に整備されていて、水門が設けられている関係でそれが途切れてしまう辺りまで歩き回ってみた…

↓期せずして、なかなかに面白い景色を眺められたと思う…「冬の蒼」が輝いているような感だった…
26-12-2020 Tokyo (4)
posted by Charlie at 18:16| Comment(0) | HDR/2020年12月の旅 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: