2020年12月16日

稚内港北防波堤ドーム(2020.12.15)

↓正直、こういう様子を眺めて佇むことが少々キツいと思った…氷点下5℃程度で冷たい風が吹き抜けている。その風が身体に突き刺さるかのような感だったのだ…
15-12-2020 morning (3)
↑稚内港北防波堤ドーム手前の広場は、積雪が斑になっている。これは降って積もるべき雪が、吹き抜ける風でランダムに「吹き散らされる」ということが続いていた結果として発生する状態である…

この辺りでは、「降雪状態」のことを「吹く」と呼ぶ場合が在る。「(雪が)降ってきた…」ではなく、「吹いてきた…」という人が存外に多く見受けられる…

未だ積雪量は然程でもないように見受けられるが…段々と“冬季”が進んでいるような感だ…
posted by Charlie at 05:59| Comment(0) | HDR/稚内港 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: