2020年06月12日

海面を渡る風と揺らぐ光…:稚内港北防波堤ドーム(2020.06.12)

少しだけ「温い空気」という感じにはなっている。が、早朝に戸外を歩く場合には「風除け…」で上着が欲しいという感じは続いている。

↓「極々短い散策」に出てみた…
12-06-2020 morning (6)
↑日出の少し前だが「晴れた朝」というようになった…

最近は、何やら「短い間隔で天候が変わり易い」というように思える。朝早い時間帯に曇天であったという状態が続き、暫く振りに明るく晴れた朝ではあった。他方、前日の夕刻には、短い時間ながら、少し強い雨が降っていた。「雨上がりの夜遅く」という状態から早朝に晴れた状態が続いたということであろう…

↓「酷く強い」とは思わなかったが、「それなりに…」という程度の風が吹き抜けるのを感じた。風が海面を渡っていて、不思議な波紋が拡がっている…
12-06-2020 morning (10)

↓画の左側、朝陽が上る予定の辺りに光が滲み始める。そして左側から右側へ、何となく雲が動いていることにも眼が向く…
12-06-2020 morning (12)

↓朝陽が覗き始めた…
12-06-2020 morning (17)

↓「東天を往く龍」を思わせる雲…海面にも映り込み、他方で朝陽が光を解き放っている…
12-06-2020 morning (19)

↓何か“朝”が「躍動している…」というように感じられた…
12-06-2020 morning (23)

朝のこういう様子…この時季であれば午前3時半頃からの20分間強というような時間帯に出会える場合が在る訳だ…
posted by Charlie at 07:29| Comment(0) | HDR/稚内港 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: