2020年05月21日

海面に揺らぐ光…:稚内港北防波堤ドーム(2020.05.21)

桜が咲いて、一部に花盛りが過ぎてしまった様子さえ見受けられる中、気温が余り上がらない様子が続いている。

そういう状況下、「“徹夜”の時に眠気が射すような時間帯」とでも形容したいような時間帯、午前4時を迎える前に眼が開いてしまった。

↓恒例化している「極々短い散策」に出てみた…
21-05-2020 morning (1)

↓風が微弱になっていた…
21-05-2020 morning (2)

気温は「10℃を切っている」と言うよりも「5℃を挟む」とでも言う方が妥当な感じだった。このところは「東側から西側へ抜ける冷たく強めな風」というモノが目立っていたが、今朝はそれが無く、似たような気温でも「感じる寒さ」は“穏やか”であったと思う。

↓東寄りの宗谷側の陸地に蓋でも載せてしまうかのように、低空に雲が見受けられ、雲の上方に朝陽の光が漏れ出しているかのような様子だ…
21-05-2020 morning (5)

↓海面は「風による波紋や“流れ”」を免れ、滑らかな状態で揺らいでいる。そこに光が映り込む感だ…
21-05-2020 morning (9)

↓東寄りの陸地を覆うような雲の上辺りに、朝陽の端が高度を上げたようだ…
21-05-2020 morning (11)

↓朝陽が低空の雲から飛び出した…高い空を薄く小さな雲が流れている様子が海面に映り込んでいる…
21-05-2020 morning (14)

↓解き放たれている光が、海面に映り込んで揺らいでいるような感だ…
21-05-2020 morning (17)

何か「朝が産まれる瞬間」に立ち会ったような感だ…が…酷く手が冷たくなり、早々に引揚げた。居室ではシャワー用の湯を使って、半ば悴むようになってしまった手を温めて一息入れた…
posted by Charlie at 06:52| Comment(0) | HDR/稚内港 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: