2020年04月03日

玄奘塔:薬師寺 玄奘三蔵院伽藍(2020.04.01)

薬師寺では、現在でも伽藍の整備が行われているようだ…

<玄奘三蔵院伽藍>と、「やや聞き慣れない?」という名が出て来て、有名な東塔を擁する場所と少し異なる様子であった…

↓よく知られている場所と少し離れた辺りに、こういう設えが出現する…
01-04-2020 Nara, Yakushi-ji-Temple vol02 (4)

↓こういう八角形の建物が建っていた…八角形の建物というのは、高貴な人を祀る場ということなのだそうだ。独特な趣だ。
01-04-2020 Nara, Yakushi-ji-Temple vol02 (5)
↑これを<玄奘塔>と呼ぶ…

建物の正面に「不東」という額が在る。これは玄奘三蔵の言で「インドへ達せずば東へ戻らず」という気概を示した語なのだそうだ…

薬師寺は法相宗の寺ということであるそうだが、法相宗の開祖は玄奘三蔵であるという。その分骨を祀るばであるという。1991(平成3)年に登場したものだそうだ…

これがなかなかに気に入った!
posted by Charlie at 07:31| Comment(2) | HDR/2020年3月-4月の旅 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
薬師寺良いですね!奈良に行った時に寄る候補に入ってましたが更に行きたくなりました!
出だしが北海道だったのですが関西の方ですか?
Posted by 貧脚 at 2020年04月03日 10:23
>貧脚さん
こんにちは!
薬師寺は東塔の修復も竣工した<白鳳伽藍>−別記事に画を載せています…−が在り、観られる日を区切って設定しているようですが、この画の玄奘塔の在る辺りも在ります。少しの間、カメラを手に建物の画を撮りながら拝観するのが愉しい場所です。東塔の件を聞き付けていて、今般は寄ってみました。
私は北海道に住んでいますが、偶々関西に足を踏み入れ、写真を撮って、気に入ったので早速にブログ記事にしています。薬師寺は凄く気に入ったものですから…
近年、「奈良の好感度上昇!」という感で、関西に入った際に奈良に滞在するようにする場合が在ります。
実は…現在は一寸休憩中ですが、この後に北海道へ引揚げます…
Posted by Charlie at 2020年04月03日 13:38
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: