2019年12月12日

郵便局仕様の“ブハンカ”…(2019.10.24)

久々にユジノサハリンスクを訪ねた経過が在って、その時の写真を「少し前…」と思いながら整理していた…

ユジノサハリンスクの鉄道駅の並びに、郵便関係のモノを集配している場所が在りる。

↓郵便局で使用している様々な車輛が出入している様子が見受けられる…
24OCT2019 Yuzhno-Sakhalinsk (1)
↑同型の車輛が2台…なかなかに画になると思った…

この車輛…最初のモノがソ連時代の1965年に登場したという、 УАЗ-452だ…「パンの塊のような形の車輛」ということで、「塊」を意味する“Буханка”(ブハンカ)という通称が在るというこの車輛の外観は、1965年以来殆ど変わっていないそうだ…

郵便局の色々なモノを運ぶ車輛として、この“ブハンカ”も随分と使われている様子で、ユジノサハリンスクでは意外にこの郵便局仕様の車輛を頻繁に視掛ける…何時までも、この形の車輛に活躍して欲しいと思いながら眺めてしまう…
posted by Charlie at 07:31| Comment(0) | HDR/サハリン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: