2019年09月01日

<時計台>…(2019.08.31)

「全国屈指の“ガッカリ”な観光名所?」というようなイメージを持っていて、嘗ては「敢えてカメラを向けて(写真でも撮ろう)」とは思わなかった<時計台>であるが…

↓最近は、辺りを通り掛ると写真を撮る機会が少々増えている…
31-08-2019 Sapporo vol01 (1)

↓何やら…「窮屈な場所に古びた建物が押し込められている…」という気がしないでもない場所だ…
31-08-2019 Sapporo vol01 (2)

↓そういう他方で…「独特な存在感」というモノも感じる<時計台>だ…
31-08-2019 Sapporo vol01 (3)

或いは…「街が起こった頃の記憶の断片」を伝える場所というのは…周囲がどういう状態になろうとも…必要なのかもしれない…最近はそういう感を抱いているような気がする…

これからも…時々はこれを撮ることであろう…
posted by Charlie at 03:32| Comment(0) | HDR/札幌 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: