2019年08月28日

凍てつく早暁の記憶…:サハリン コルサコフ港(2019.02.16)

最近は…少し前に撮影して、そのまま未整理のままになっていたデータを少し整理している…

↓今年の2月…サハリンのコルサコフ港だ…
16-02-2019 Korsakov (3)
↑「摂政宮行啓の折り…」と、皇太子時代の昭和天皇が樺太を訪れた際に立寄っていることが伝えられる高台から港を一望出来る…

↓少しだけ光が解き放たれているという早朝の様子だ…
16-02-2019 Korsakov (5)
↑何やら酷く懐かしい感じがする…

氷点下20℃台の冷え込みが続いていた中、氷点下10℃台らしいと、朝早くからバスに乗車してユジノサハリンスクから南下してコルサコフ港の様子を眺めに出てみた時の画だ…
posted by Charlie at 04:44| Comment(0) | HDR/サハリン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: