2019年08月20日

「五橋」とも呼ばれる<錦帯橋>…(2018.11.25)

未整理に終始してしまっていた少し前の写真を整理する時間を設けることが叶った…

↓そんな中で引っ張り出したのがこの<錦帯橋>の画…
25-11-2018 at Iwakuni, Yamaguchi pref (23)
↑右奥から左手前へ…大きな弧を描く木と石で築かれたアーチが5つ組まれている形状が少し判り易い画になっていると思う…画は少しだけ日が高くなっている頃だ…

この時は…広島に夜遅くに着き、夜を明かして早朝の列車で岩国に至り、直ぐにバスに乗ってこの錦帯橋の辺りへ辿り着いたのだった…

↓辿り着いた時にはこんな具合だった…
25-11-2018 at Iwakuni, Yamaguchi pref (1)

この<錦帯橋>は、何度でも眺めに出掛けてみたい感の場所だ…
posted by Charlie at 00:00| Comment(2) | HDR/2018年11月の旅(2回目) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
錦帯橋は私にとってはとても難しい被写体でなかなか満足する写真が撮れなくて、次回こそはとかえって燃えます。^^;
Posted by MT at 2019年08月20日 05:06
>MTさん

おはようございます!
錦帯橋は、夕方の暗くなっている時間帯に立寄った例と、朝早くに立寄った例が在ります。
この記事の画は、朝に立寄った時です。何処でも或る程度共通して言えるかもしれませんが、朝は何となく写真を撮り易いような気がしました…この時は広島で夜を明かして、朝早くから岩国へ乗り込んで錦帯橋を眺めて来た訳です。
独特な形をした古い橋な訳で、画を創るにしても色々な可能性が在ると思います。この画の時は広角ズームを使っていました。
何度でも訪ねてみたい場所で、少し前の写真を発掘して眺めていたのでした。
Posted by Charlie at 2019年08月20日 07:16
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: