2019年07月12日

松江城天守閣を望む…(2019.06.02)

↓松江で…松江城を訪ねた…
02-06-2019 Matsue, Shimane pref vol02 (11)

↓全国に12在るという「現存天守閣」=江戸時代までの建物が現在に受け継がれているモノの一つであるという…
02-06-2019 Matsue, Shimane pref vol01 (4)

↓城を訪ねる場合…目立つ天守閣の他にも「見るべき箇所」は色々と在る訳だが…それでも、この松江城のモノのように「美しく力強い」という建物は見入ってしまう…
02-06-2019 Matsue, Shimane pref vol01 (3)

↓思いついて出掛けて、初めて島根県に至り、この松江城に出会ったというのは、訪問から時間が少しばかりの時間を経て好い思い出になっている…
02-06-2019 Matsue, Shimane pref vol01 (2)

松江は、松江松平家の御城下という経過が長い町なのだが…松江城を築き、城下町の礎を整えたのは関ケ原合戦後に出雲・隠岐を知行した堀尾家である…

↓その堀尾家の堀尾吉晴という興味深い人物が松江城の築城に携わった訳だが、彼を主人公とする“大河ドラマ”のような小説が在って、松江を訪ねた後に愉しく読了した経過が在った…
>>『戦国はるかなれど』

機会が簡単に設けられるのか否か?よく判らないが…少し写真整理に時間を要している中、松江城天守閣の様子を撮った画を溜息交じりに眺めている…
posted by Charlie at 05:04| Comment(0) | HDR/2019年6月の旅 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: