2019年04月15日

京都の“たぬき”?(2019.02.26)

京都で摂ったランチ…何となく懐かしい…

↓“たぬき”と呼び習わされているモノ…「餡かけ」の下はうどんだ…
26-02-2019 vol02 (2)
↑油揚げを刻んだモノ等が入る「餡かけ」を作って、温かいうどんに載せる…これを“たぬき”と称するのが「古くからの京都の流儀」なのだと聞いた…

創業が明治時代後期に遡るという老舗の食堂…京阪と地下鉄東西線の駅から地上に上がった辺りで出くわした店だった…
posted by Charlie at 05:15| Comment(0) | HDR/2019年2月の旅 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: