2018年07月23日

<大祖国戦争勝利70年並びにキリスト生誕記念主教座大聖堂>(2018.07.21)

午前中から昼頃には、「蒸す…」というように思えた他方、「暑い…」という程でもなく、雲も多かった土曜日…それが午後に入れば雲が流れ去り、青空が眩しく、陽射しが強烈に感じられた…グングン気温が上がり、25℃を超えていた…「今季初?」というような感の25℃超だった…

↓大聖堂の屋根が輝いていた…
21-07-2018 The Cathedral (4)
↑背後の雲の形?何となく、ロシアの東側の地図を思い出すような形?

↓「輝く夏空」というモノを背景に聳え立つ大聖堂…階段の下から見上げると「空へ続くように…」というようなことを思った…
21-07-2018 The Cathedral (5)

↓よく大聖堂を眺める側に廻り込んだ…
21-07-2018 The Cathedral (11)

やや湿度が高い感な中で25℃超となったが…気温以上に「暑い」というような感じもした…これには、こういう「好天で気温が上昇」という状態に「不慣れ…」だったという事情も在ったかもしれない…

こういう天候の御陰で、何やら酷く汗をかいた…
posted by Charlie at 04:19| Comment(0) | HDR/サハリン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: