2018年07月04日

レーニン広場:灯りが入り始めた頃…(2018.07.02)

↓この辺りで「夏の黄昏」という風情を感じたのは、少し御無沙汰であったような気がする…
02-07-2018 (11)
↑車輛の通行が途切れる一瞬にシャッターを押す…

画の右側の奥が西寄りに相当するが…沈んでしまって尚余燼が残っている光が創る“グラデーション”が感じられ、何となく面白い…

↓こういう時間帯の空は、「数分間」眺めている程度でも、様子が複雑に変わって面白い…
02-07-2018 (16)
posted by Charlie at 07:14| Comment(0) | HDR/サハリン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: