2018年07月03日

レーニン通:灯りが入り始めた頃…(2018.07.02)

「生暖かい黄昏な時間帯」というモノが「久し振り?」と感じられた。室内に在った時の「ジーンズ穿きに半袖Tシャツ」という出で立ちで何となく戸外に出たが、特段に抵抗感のようなモノは無い状況だった…

↓午後10時前のレーニン通である…
02-07-2018 (15)
↑ユジノサハリンスク市行政府本庁舎の前辺りから、北西寄りを視ている型の画である…

日没の頃が過ぎ、灯りが入り始めている他方、画の左側の西寄りな空に微妙な明るさが残る…

「夏の黄昏」という風情だが…好天は持続力が弱いらしく、更けて行った夜が明けると、「曇天で雨交じりで多少の肌寒い空気感」がしつこく戻って来た…
posted by Charlie at 17:40| Comment(0) | HDR/サハリン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: