2018年06月26日

ルースキー島の灯:海上から望む(2018.06.10)

↓ウラジオストクの有名な研究教育機関である極東連邦大学を軸に、“都市建設”が行われた、或いは行われている感の地域を、鏡面の様な海に浮かぶボートの上で眺めた…
10-06-2018 Vladivostok vol08 (23)
↑暗くなるに連れて沿岸部の灯りは数と輝きとを増し、波静かな海面に光が跳ね返って揺れる…

「6月」の、「何時までも暗くなり切らない…」という感の“ナイトブルー”が非常に好い…その“ナイトブルー”を跳ね返している海面の「ゆらぎ…」が独特な雰囲気を醸し出す…

忘れ難い光景、忘れたくない光景である…
posted by Charlie at 13:02| Comment(0) | HDR/2018年6月の旅 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: