2018年06月21日

23本の薔薇…(2018.06.20)

慶事で催しが在って、御招きを頂いた。主役は大変よく存じ上げている、色々と御付き合い、御縁も在る方で、所属先で「是非御祝いを…」という話しになり、「サハリンでの定番」ということで花束を贈る段取りになった…

↓その慶事の催しに出掛けようとしていた時…持参するために辺りに置いていた薔薇の花束をぼんやりと眺めた…
20-06-2018 (6)
↑意外に見栄えが好く、思わず写真に収めてしまった…

ロシアでは…慶事の際には「奇数の本数で花束」が定石だ…「偶数」は専ら弔事で贈る、または献じる場合に限るという…今般は慶事で贈る花束なので、23本と奇数で用意した…

因みに、この花束を贈った先様には喜んで頂いた…
posted by Charlie at 17:45| Comment(0) | HDR/サハリン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: