2018年06月04日

大阪城天守閣:西の丸側から望む(2018.05.20)

大阪城には「大坂城」と呼ばれていた、明治維新の頃までの遺構が幾分残っていて、「明治150年」というようなことが在って、そうした貴重な遺構の期間限定公開が行われていると聞いた。

天候が好転して、“北国”からやって来た自身にとっては「少々暑い…」ようにも思えたのだが、ゆったりと遅めな昼食を摂っていた関係で「時間に間に合うのか?」と少し焦りながら大阪城公園を速足で動き回った…

公開時間には無事に間に合い、大手口から西の丸辺りを主に動き回った…

↓西の丸から見上げる天守閣が美しいと思った…
Osaka Castle on 20-05-2018 (10)
↑緑が鮮やかな時季…それを引き立てるかのような空の蒼…些かの白雲…素晴らしい!

↓天守閣の真下辺りの広場へ通じる側に進んだ…こういう「濠と石垣と建物」という感じが「城らしい」感じでなかなかに見栄えが好い…
Osaka Castle on 20-05-2018 (15)
↑辺りは、何やら元気なカラスが居て、やや危なっかしい感じがした。注意喚起の看板も在った…

今般は天守閣へは入場しなかったが…入場しなくても、こうやって「眺めて画になる」というのも好い…
posted by Charlie at 22:19| Comment(0) | HDR/2018年5月の旅(2回目) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: