2018年06月04日

大坂城焔硝蔵(2018.05.20)

大阪城には「大坂城」と呼ばれていた、明治維新の頃までの遺構が幾分残っている。

↓そういう遺構の一つである焔硝蔵(えんしょうぐら)だ…
Osaka Castle on 20-05-2018 (13)
↑概ね2.5mもの厚さになるという石の壁で囲まれた蔵(=倉庫)である。足下の辺りに何箇所か、通気口も開けられている。しゃがみ込んで覗くと、本当に2.5mと言われる石壁の厚さが判る…

「大坂城」は1615年の戦いで豊臣秀吉が築城したとされる城が落ちてしまい、その後に徳川幕府が改めて城を築いていて、その徳川幕府の時代の建物等の一部が残っている。焔硝蔵もその一つだ…

江戸時代を通じて、火縄銃や大砲も使われていて、そのための火薬類を蓄えておく必要が在った。大坂城は「西日本での有事に備える」という位置付けで、武器類も蓄えられていた訳で、その一環として火薬も蓄えられていた。焔硝蔵は、火薬を蓄える倉庫である。

↓焔硝蔵の扉は、非常に堅牢な感じに設えられていた…
Osaka Castle on 20-05-2018 (11)

大坂城は明治以降に大阪城ということになり、敷地は陸軍が利用していた。昭和の初めに一部が公園として整備される訳だが…この焔硝蔵に関しては、明治期以降も軍が火薬等を保管する目的で利用していたらしい…

今般、たまたまタイミングが好く、興味深いモノを視ることが叶った…
posted by Charlie at 22:18| Comment(0) | HDR/2018年5月の旅(2回目) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: