2018年04月26日

『犬を連れた奥さん』の像(2018.04.26)

陽射しが心地好く、気温以上に温かい感じがする朝、劇場の<チェーホフセンター>の辺りを歩いた…

<チェーホフセンター>の辺りは、周辺を歩く人達の“通り道”のようでもあるのだが、都市緑地として整備が行き届いており、「普通に通り過ぎる」というだけでも気持ちが好い場合が多い…

↓こんな女性の像が在る…
26-04-2018 morning (7)
↑「鼻に触れると好いことが…」という話しになっていて、多くの人が触れているらしく、表面加工が剥げてしまっている…

↓女性の像は、こういう具合に佇んでいる…こうして、少し退いた視方をしても、“鼻”の表面加工が剥げていることが判る…
26-04-2018 morning (6)
↑概ね等身大で、小型犬を連れている…

これはチェーホフの小説『犬を連れた奥さん』のヒロインをイメージしたモノだ…

↓連れられている犬…なかなか佳く出来ている感じがする…
26-04-2018 morning (8)

サハリンでは、「実際に当地に足を踏み入れている超有名作家」ということで、チェーホフが殊更に敬愛されているように見えるが…その作品に着想を得た像が「街の人々のラッキーアイテム」のような扱いなのが面白い…
posted by Charlie at 19:28| Comment(0) | HDR/サハリン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: