2018年04月17日

上空から望むコルサコフ港(2018.04.16)

毎日のように飛行機に乗るでもない訳で…飛行機の窓から望む“下界”というモノは興味深い…

と言って、視た場所が何処なのかよく判らない場合の方が多いのだが…だからこそ「あそこ!!」と判るように、多少馴染んだ場所が視えると酷く嬉しいものだ…

↓サハリンのコルサコフ港だ…
'S7 3209' on 16-04-2018 (32)
↑細長い桟橋が海岸から2本突き出しているのが判る。画の右が「南埠頭」で「稚内・コルサコフ航路」の船も発着する場所だ…左が「北埠頭」でコンテナを積んだ船等が出入りしている…

コルサコフ港に関しては、「北埠頭」の少し陸側の高台から視るか、「南埠頭」の付け根辺りの高台から視るという感じで眺めたことは何回も在る…或いは「眺めに行く」ことさえ在る…他方でこの画のような状況で視たのは、多分初めてだ!

ウラジオストクとユジノサハリンスクとを空路で往復した。その復路に、画のようにコルサコフ港辺りが視えたのだ!

ウラジオストク空港を発ってS7航空のA320は、沿海地方からハバロフスク地方側へ北上しながら日本海の洋上に出た。そしてサハリン島の南西部上空からアニワ湾上空に入り、やや北のユジノサハリンスクに機首を向ける…そんな時に、アニワ湾の少し東に入るコルサコフが視えた…

ウラジオストク・ユジノサハリンスクの航路…初めてだったのだが、好天に恵まれた!
posted by Charlie at 23:50| Comment(0) | HDR/2018年4月の旅 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: