2017年10月21日

<Салют-7>:ロシア映画 『サリュート7』(2017.10.21)

ユジノサハリンスクの映画館では、色々な映画を上映しているが、概して上映作品の入替が速いような気がする。「これ?!面白そう!!」という作品が上映されていると知った時は、余り時を置かずに「行くぞ!」と映画館に足を運ぶのが賢明であるように思う…

「ロシア」と言えば思い出す幾つかのモノの中に、或いは「宇宙開発」というモノも挙がるかもしれない。人類初の有人宇宙飛行を実現したのはソ連であった…そして幾多の宇宙ステーションを運営して来た経過が在る…

そういう「宇宙開発」の経過の中には様々な挿話が在る訳だが、そういう実話をモデルにして制作した映画が公開されている…

↓2つのパターンの「予告」をこちらに…



↑なかなかに凄い画であるが…実話を基に創った脚本で、こんな画の出来事の背後の人間ドラマもなかなか丁寧で、非常に面白い作品であった…

1985年の出来事をモデルにしている。“ソ連時代”である。ロケットや宇宙ステーションには「СССР」と“ソ連”を示すマーキングが在り、宇宙へ出る搭乗員達のユニフォームにも“ソ連”のエンブレムが入っている。そして、止めてしまって存外に長い感じの、米国のスペースシャトルも元気な時代で、作中に<チャレンジャー号>も一寸出て来る…

多少…「ネタばれ」のようなことにもなりかねないが…ストーリーを少々綴ってみる…

映画の冒頭…ソ連の宇宙ステーションで2人の搭乗員が船外作業を行っている。宇宙服に身を固めて、宇宙空間で宇宙ステーションのメンテナンス作業を行う訳である…

その船外作業で、経験が浅いと見受けられる女性搭乗員が不注意で宇宙服に釘を引っ掛けて俄かに調子を崩す…ベテランの男性搭乗員が彼女を助けて無事に帰還する。が…ベテランの男性搭乗員は、船内に戻ろうとした際に妙な光を視て、妙な気分になってしまった…

帰還後…ベテランの男性搭乗員は「精神的な負担が重い任務を続けて疲弊しており、宇宙へ出る任務は外れるべきである」という診断を受けてしまう。マダマダ幼い娘も居る中、妻は危険な宇宙での任務を外れて地上勤務となることを歓迎するが、本人は多少気分が荒む…

そうした中で永く共に仕事をした経過が在って、公私に亘って懇意な同じく宇宙へ出る搭乗員でエンジニアの友人と池にボートを出して釣りに興じて気晴らしをしていると、友人に「緊急招集」が掛かって関係者が迎えに現れた…

大変な事態が起こっていた。宇宙ステーション<サリュート7>は、無人運用を続けていたが、突然に交信を絶ってコントロールが失われてしまったのだ。コントロールが無いまま、全長20メートルにも及ぶステーションが何処かの「街の真中」にでも落下すると甚大な被害も発生しかねない。世界各国に情報も伝わって「ソ連の宇宙ステーションがコントロールを失ったらしい」という騒ぎも起こっている。

この事態に対応するため、<サリュート7>の点検修理を主に手掛けるエンジニアと操縦を担当する搭乗員を<ミール>宇宙船で宇宙へ送り込むことが決定した。<ミール>は、ロケットで軌道に上がった後、<サリュート7>とドッキングを行うのだ。

宇宙ステーションの管制センターでは、エンジニアの人選は直ぐに決めたが、操縦を担当する搭乗員の人選が難航していた。誰しもがドッキングを経験しているでもなく、更に「条件が好くない」のである。シミュレーターで今般のドッキングを試すが「出来ない!」という結論に至る。管制センターの責任者は、最後の手段として「自身で何とか?」とさえ思い詰めたが、俄かに出来る筈もなく、シミュレーターを試すがうまく出来ない。

結局、「宇宙へ出る任務は外れるべきである」という診断を受けていたベテラン搭乗員しか、その困難なドッキングの任に堪えないという判断に至り、<サリュート7>の点検修理の任務に就くこととなった…

エンジニアは妻に出発を告げるが、妻は妊娠中で間も無く産れるような中、「暫くは地上に居ると言っていた筈」と大泣きしてしまう…ベテラン搭乗員の妻は、街のカフェで待ち合わせて、スパークリングワインを注いで宇宙へ出ることになったと告げる夫に「何を言っているの!?」と怒ってしまい、夫をその場に残して出て行ってしまう…

そうして2人は宇宙に出た…

やや苦労しながら、ドッキングを果たしては行ってみた<サリュート7>は、何と内部が凍り付いてしまっていた…「最早ステーションではない…冷凍庫だ…」という状態だった…

この氷を何とか解かすところから点検修理の作業は始まる…氷が何とか除かれて行き、作業は順調にも視えたのだったが…危機が訪れる…

これ以上は、「多少」を逸脱する「迷惑なネタばれ」と思われるので遠慮しておく…

<サリュート7>の対応で宇宙に出る2人、各々の妻達、管制センターの現場責任者…この辺りが軸になる人物達で、彼らを取り巻くドラマが、「流石に最近の技術!!」と驚く程にリアルに再現された「ソ連時代の1985年頃の宇宙ステーション」という画の中で繰り広げられる。なかなかに見応えが在った!!

この見応えの作品…朝の上映だったので260ルーブルで観られた…何組かの御夫婦、親子連れが見受けられた中、何となく1人で観ていた…

日本国内での上映予定に関しては承知していないが…佳い作品だと思った。
posted by Charlie at 13:59| Comment(0) | エッセイ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: