2016年05月16日

嵐電・嵐山:“京紫”色の電車(2016.04.06)

京都では、嘗ては併用軌道(路面電車)が随分在ったと聞くが…現在では嵐電の一部が併用軌道になっているだけだ…

↓その嵐電の電車が、起点・終点になっている嵐山に着いたところ…
'RANDEN' tram at Arashiyama Station on APR 06, 2016 (1)

この日、嵐電は嵐山へ向かう人で混み合っていて、2輛を連結して走っていた。通常、運賃や切符等の処理は運転士が扱うワンマン運行なのだが…この日、嵐山では係員が下車した辺りに待機していて、そこで運賃や切符等を扱うようにしていた。「繁忙日の対応」ということだと思う…

↓折り返しの運転まで、暫し車輛はその場で待機している…
'RANDEN' tram at Arashiyama Station on APR 06, 2016 (4)
↑嵐電で、少し前から積極的に採用しているように見えるこの塗色…“京紫”と名付けられている…

この“京紫”の電車がゆったりと走る様…時々、妙に懐かしくなって思い出してしまう…
posted by Charlie at 19:03| Comment(0) | HDR/2016年4月の旅 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: