2016年04月19日

0℃前後の稚内港(2016.04.19)

日曜日…“夜”とは言い難い時間帯に眠ってしまい、日付が改まった辺りで起き出し、また何時の間にやら眠ってしまって、普通に朝から“月曜日”として活動した…そういうことをすれば、“月曜日”も早めに眠気が射す…眠気に抗わずに、素直に休んだ…

迎えたのは火曜日の朝…存外に明るいのだが…時間帯は早く、午前5時にも至っていなかった…急速に日が長くなっているということだ…

一寸、戸外を伺うと…間近にエゾシカのグループが居た…彼らと眼が合えば…彼らの側は「妙な動物が出て来たから行くよ…」とばかりに辺りに移動を始めた。やがて彼らは、近隣の民家の軒先で草を食んでいたが…彼らの眼には、この辺りの街並みも「森の一部」のように見えているのかもしれない…

そんなことが在ったが、切らしてしまった煙草でも求めようと、一寸辺りを歩いてみた…凄く「冷えた空気感」に包まれている…風は微弱で、天候も好いので、戸外を歩くこと自体は問題無いのだが…

↓利尻・礼文へ向かうフェリーが待機している中央埠頭が見える辺り…
Wakkanai in early morning on APR 19, 2016 (2)
↑冬季間に堆くなっていた雪は消えているが、薄らと雪が撒かれたようになっている…

昨日の朝の雪は、日中に少なくなってはいたが、夕方まで降雪が断続し、時に冷たい風もやや強く、何やら「積雪期の初期」というような様相だった…そういう雪が少々残っている…

↓稚内港北防波堤ドームが見える辺り…広場に堆くなっていた雪は消えているが、白い雪が散布されたようになっていて、表面の一部が凍り付いているようにも見える…
Wakkanai in early morning on APR 19, 2016 (3)
↑他方で、早々と灯りが消えていて、空は明るい…

↓舗装路面上の水分が、少々凍っているように見える…
Wakkanai in early morning on APR 19, 2016 (8)
↑気温は0℃またはそれ以下…

↓海側へ廻り込めば、浪は穏やかに見える…
Wakkanai in early morning on APR 19, 2016 (10)

↓拙宅近隣のフキノトウ…
Wakkanai in early morning on APR 19, 2016 (12)

関西方面で「数年分纏めて…」という勢いで、「盛りの桜」や「散りかけの桜」を観て来た記憶や印象が強いのだが、あれから1週間以上を経た…彼の地では、そろそろ「新緑が眩しい」という雰囲気にもなっているであろうが…北の稚内では…「春、未だ遠し…」という様相だ…ハッキリ言えば、4月19日にもなって、こういう具合に雪が降って気温が下がったというのは、近年では余り記憶が無い…
posted by Charlie at 07:09| Comment(0) | HDR/稚内港 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: