2016年01月29日

暁の小倉駅(2015.10.27)

時々、「少し前の旅」が妙に懐かしく思い出され、不意に写真を眺めてみるようなことが在る…

↓小倉駅周辺…駅舎に続く歩道橋の辺りからの、朝の光景だ…
Morning around Kokura Station on OCT 27, 2015 (1)

この前日…宮崎から小倉まで…美々津や延岡に道草し、途中の“ボトルネック”と呼んでいる「普通列車は1日3往復」な区間も通り、日豊本線を北上し続けた。「日付が変わる手前?」というような時間帯に小倉駅に至り、「休憩所」と呼び習わしているネットカフェで夜を明かした…そして迎えた朝に外へ出ると、この美しい空に出くわした…

↓小倉駅の出入口…新幹線側の方だが、“ハーロック”が行き交う人々を見守っている…
Morning around Kokura Station on OCT 27, 2015 (3)
↑“ハーロック”は漫画家・松本零士が生んだキャラクターだが、北九州市は同氏の出身地であり、<漫画ミュージアム>というモノも在ることから、キャラクターの像が駅に在る訳だ…

小倉駅は、様々な路線を行き交う、新旧様々な車輛が視られる駅で、立寄ると何となく気持ちも弾む…

↓薄いアイボリーに青いラインのキハ147が、朝陽の光を受けている!
Morning at Kokura Station on OCT 27, 2015 (1)
↑これは日田彦山線(ひたひこさんせん)の列車だ。

“日田彦山線”というのは、城野駅(北九州市小倉南区)から夜明駅(日田市)に至る路線であるというが…列車は「小倉・日田」で運行されているものが目立つ…この時に乗車したのも、小倉を発って日田に至る列車だった…

↓こういう状態の中、“夜明”という名の駅へ列車が向かうと思うと、何か酷く「ロマンチック」な感じがする…
Morning at Kokura Station on OCT 27, 2015 (4)

こうして、美しい暁の空を視ながら出発したが…列車が進むに連れて雲が多い感じになり…日田から久留米に至った辺りで雨が降り始め、福岡市内に至っても雨に当たったのだった…
posted by Charlie at 06:59| Comment(0) | HDR/2015年10-11月の旅 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。