2016年01月27日

日豊本線:重岡駅に停車中のキハ220(2015.10.26)

時々、「少し前の旅」が妙に懐かしく思い出され、不意に写真を眺めてみるようなことが在る…

↓日豊本線の重岡駅である…
Shigeoka Station on OCT 26, 2015 (3)
↑1日に3往復の普通列車が停車するだけの駅である…

↓本当に3往復だ!!
>>重岡(しげおか) - JR九州/駅別時刻表

重岡駅は、大分県佐伯市に在る駅だ…2013年頃の資料で、1日の乗降客は…15人程度らしい…朝と、夕方と夜の計3往復だけなのだから…

佐伯市は大分県の南端の方で、宮崎県の北端の方を占める延岡市との県境という地域だ。佐伯・延岡間の往来は存外に盛んだ。そして福岡県から鹿児島県にまで延びる日豊本線の一部を為す区間だ。この佐伯・延岡の区間…主に特急列車が往来していて、普通列車は3往復に留まっている…

↓普通列車が3往復なのは、下記の区間である…58.4kmの区間だ…
佐伯 - 上岡 - 直見 - 直川 - 重岡 - 宗太郎 - 市棚 - 北川 - 日向長井 - 北延岡 - 延岡
↑この58.4kmの区間…特急列車は57分…各駅に停車する普通列車は85分を要する…

↓重岡駅のこんな写真…これは、特急列車の通過待ちで少し長く停車するから撮影出来る訳だ…
Shigeoka Station on OCT 26, 2015 (4)

この時は、宮崎駅を出発し、美々津に立寄ってから延岡に至り、「3本しかない普通列車の中の1本」を待って乗車した。九州域内の普通列車に乗り放題な<旅名人の九州満喫きっぷ>を手にしていたからに他ならない…

延岡駅で…写真の赤いディーゼルカーが現れた時には「来たぞ!!!」と少し興奮してしまう…延岡駅の辺りのベンチに座って、少し長く待ったからなのだが…そして、この赤いディーゼルカーのキハ220…好きな車輛である。力強い感じの形状で、JR九州のコーポレートカラーでもあるのだが、「ハッキリと濃い赤色」という車体は、何か見栄えもするような気がする…そしてセミクロスシートで、九州の車輛に見受けられる「木造調な椅子にクッションを貼った感じ」な座席も、意外に居心地が好い…運転時間がやや長めな場合も在る車輛であるため、御手洗も完備だ…

この時は…重岡駅での停車の後、少し居眠りをしてしまった…佐伯駅で…運転士さんに「着きましたよ!」と声を掛けられ、少し慌てて起きた…そして、佐伯から更に北上を継続したのだった…

2015年には「延岡・佐伯」という型でこの区間を移動したが、2014年には「佐伯・延岡」という型で移動したことも在った。個人的には…「普通列車の旅の“ボトルネック”」と呼んでいる区間なのだが…

そもそも…2012年に南宮崎・大分間を特急列車で移動した際、「延岡・佐伯」で「小一時間も真っ暗だったが…あそこはどういう具合になっているのだ?!」と思い、この区間を普通列車で移動することを思い立っていた…2014年は、佐伯で列車に乗車した後、直ぐに暗くなってしまった。あの時は日が短い12月でもあったのだが…今般、未だ少し明るい時間になる10月下旬にこの区間に乗車して、少し様子を視ることが出来たのだ。善かった…

こうやって「想い出の区間」が増えるような旅…機会さえ設けられるのであれば、何時でも行きたいものだ…
posted by Charlie at 17:42| Comment(0) | HDR/2015年10-11月の旅 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。