2015年12月26日

旭川駅:稚内からの長い道程を走破したキハ54(2015.12.25)

稚内駅・旭川駅間は259.4kmとのこと…稚内を14時12分に出ると、旭川到着は20時20分となる。368分間の乗車…速度で割り返すと「やや長過ぎ?」な感じだが…途中、幌延駅で35分間程の停車が在る…その他、「列車の行違い」という“単線区間”ならではの、少しだけ長い―概ね5分前後…―停車が幾つも在る…

今般、その「行違い」で対抗の列車が若干遅れ、やや余分に停車する場面も在ったようだが…

↓然程の遅れでもない範囲、20時23分頃に旭川駅に列車は到着した…
Asahikawa Station on DEC 25, 2015 (4)
↑これは列車の前方である…

「国鉄時代末期」の1985年に初登場というキハ54の「微妙にレトロ」な感じと、「マダマダ真新しい感じが残っている」という雰囲気の旭川駅との取り合わせ…「存外に好き!」な眺めだ…「微妙なミスマッチ」が素敵なように思えてしまう…

↓これは列車の後方…
Asahikawa Station on DEC 25, 2015 (2)
↑軌道上の雪を撥ね上げながら走行するので、この日のように雪が降って積もって行ったような日には、車輌後方はこういう具合になってしまう…

因みに、酷く雪が少ない感じだった12月23日(稚内・音威子府間を往復した日)には、こういう状態は視られなかった…

冬季の列車移動…車輌後方が雪に染まった様を視ると、何時も「乗せてくれて、ありがとう!!」という気分になる…

↓改札を潜って、駅舎を出ると…こういう感じだ…
Asahikawa Station on DEC 25, 2015 (6)
posted by Charlie at 09:33| Comment(0) | HDR/旭川 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。