2015年12月12日

稚内:薄暗い曇天な朝(2015.12.12)

昨日は午前中の間に雨が交じっていた。雨は積雪をかなり多く洗い流した。そして午後辺りから妙に気温が下った…

そんな状況が続き、迎えた朝は…雨や雪が降っているでもないが、曇天で薄暗い感じだ…一部に、しぶとい積雪が、冷え固まって“氷塊”のように路面等にこびり付いているのだが、そういう箇所は少なめで、場合によっては「春から秋に使っていた履物」で戸外に出ても、然程気にならないかもしれない…

煙草でも求めようと、薄暗かった戸外へ出てみた…

↓11月21日以前の、「積雪が未だ無かった時季」に戻ったと錯覚するような感である…
Morning on DEC 12, 2015 (1)
↑今朝は風は弱く、11月頃より気温が低い割には、厳しい感じでもないのが幸いだ…

↓厚めな雲に覆われた空は、何か「くすんで灰色を帯びた紫」とでも形容したい、少し不思議な色合いだ…
Morning on DEC 12, 2015 (3)
↑積雪に備えてベンチは覆いが被されているが、積雪は殆ど無い…

↓遠くの北防波堤ドームは、灯りが消えた辺りだった…こちらも積雪がかなり消えている…
Morning on DEC 12, 2015 (4)

↓稚内駅を通り掛ると、「朝の特急」こと<スーパー宗谷2号>が出発しようとしている場面だった…
Morning on DEC 12, 2015 (7)
↑「朝の」と言うより「夕方の」というような、薄暗い中で発車していた…列車の車窓は、南下するに連れて明るくなって行くことであろう…

↓稚内駅の中…静かな稚内にも、この種のデコレーションが眼に留まるような時季がやって来ている…
Morning on DEC 12, 2015 (8)

今季は雪が少ないのであろうか?年によっては、12月10日を過ぎた辺りに、大雪で交通が乱れたということも在ったように記憶するが、今季はそうした状態を免れている…更に…各地で「スキー場のオープン」が遅れている傾向が見受けられるようだ。友人・知人の中には、熱心にスキー関係の活動をしている方達も見受けられるのだが、そういう皆さんはきっと肩を落しているだろうなどと時々思い出す…一部の友人・知人が「この街では屈指の“何処でも歩き回っている人”」と呼ぶ、私のような者は、「歩き易い」感じの道路状況をとりあえず歓迎しているが…

「薄暗い朝…」と思いながら過ごしていた間に、雲がやや薄めになったらしい…窓辺が少し明るくなって来た…穏やかな天候に恵まれた休日となるような気がする…
posted by Charlie at 08:55| Comment(0) | HDR/稚内 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。