2015年11月14日

広島:<江波山気象館>(旧広島地方気象台)(2015.10.28)

江波山(えばやま)というのは、広島の街の南西寄りに在る小高い山で、辺りは住宅街という趣で、周辺に公園も整備されているようだ。広島駅前から紙屋町を経て、江波山の麓辺りの江波へ向かう路面電車の路線も在る。

この江波山に気象台が設けられていた。1934(昭和9)年に建物が竣工して気象台が江波山に立地した。1987(昭和62)年に気象台は市内の合同庁舎に移転し、建物が江波山に残り、広島市が管理する博物館<江波山気象館>となった…

この建物の存在を知ったのは、『空白の天気図』という本を通じてである…

「1934年から1987年」という稼動期間を視てお気付きであろうが、原爆の1945(昭和20)年8月6日にも、この気象台の建物、勤務していた人々は原爆投下の惨禍を見詰め続けていたのである…原爆の爆心地から概ね3.7kmという直線距離が在るこの気象台だが、爆風による被害は免れず、建物の一部が被害を受け、内部に置かれていた様々なモノが壊れて負傷者も多く、観測機器も損なわれた。それでも、気象台では動ける関係者が活動を続け、使える機器を使って観測が続けられていた…

そういう「凄まじい経過だ…」と思った話しだったのだが、その時の建物が残っていて、博物館になっていて自由に訪ねられることを知り、「是非とも立寄ってみたい」と思うようになっていた。爾来2年余りになるが、漸く願いを叶えた次第である…

↓路面電車の江波停留所の辺りの電車庫を眺めながら少し歩き、山頂を平らにして建物が在る辺りへ通じる階段を視付けた…
Ebayama Museum of Meteorology at Hiroshima on OCT 28, 2015 (3)
↑歩き回って、こういう通路を視付けながら目的地を目指してみるというのが、意外に愉しい…半袖Tシャツの上に長袖シャツという程度の出で立ちで丁度好いような気温帯で、好天だったので街を歩き回るのが心地好かった…

↓現在となっては、高速道路が近くに通っていて、随分と拓けた住宅街のように見える一帯だが…恐らく昭和前半辺りには「街の端の方」というイメージだったのではないか?そんな場所の、山の上に立てた気象台というので、もっと小さなモノを想像していたが、存外に大きかった…
Ebayama Museum of Meteorology at Hiroshima on OCT 28, 2015 (4)
↑正面入口から入り、入場券(100円)の販売機が在って、中に入るようになっている…

↓昭和の初め頃の鉄筋コンクリート建築…重厚な雰囲気が漂う…
Ebayama Museum of Meteorology at Hiroshima on OCT 28, 2015 (5)
↑昭和に入る辺りまでに、鉄筋コンクリート建築は盛んになったようだが、1939(昭和14)年頃を境に「鉄筋の調達難」という傾向が見受けられるようになったらしく、例が少なくなってしまった…この気象台は「戦前の鉄筋コンクリート建築の末期」というような按配の建物ということになる…

↓被爆の際、凄まじい爆風で窓や、屋内の書棚等の硝子の多くが割れて砕け散り、それによる負傷が多く発生したそうだが、金属性の窓枠の一部は歪んでしまったという…
Ebayama Museum of Meteorology at Hiroshima on OCT 28, 2015 (6)
↑この爆心地方向を向いているという窓枠は歪んでしまい、戦争が落ち着いた頃になって硝子が嵌められるように関係者が修理をしたものだという…

↓この辺りが、爆風をまともに受けたと見受けられる辺りだという…
Ebayama Museum of Meteorology at Hiroshima on OCT 28, 2015 (10)
↑<気象館>として整備保全の工事をした際、この「被爆の痕跡」が窺える壁面は、敢えてその痕跡を遺したという…

館内は、被爆の経過も含めた『空白の天気図』に描かれた時代のことを伝える展示や、ビデオ上映が在って非常に興味深い。他方、ここは「気象の不思議」に関して子ども達が学ぶ施設である。小学校の学校行事と見受けられるグループが幾つか来ていて、気象関係の一寸したアトラクションのような展示で歓声が上っていて、なかなかに賑やかだった…

『空白の天気図』に描かれているのは、原爆の時の様子や、同じ年に発生した“枕崎台風”の辺りの必死の観測活動のことだ。原爆の爆風を受けてしまった時には、負傷者を必死に助けようとする人達の声が廊下に響いたことであろう。“枕崎台風”の時には、戦争の後遺症で通信状態が悪い中、警報を巧く伝えられないことに苦悩する関係者が必死に観測する姿が視られ、山の木を伐採し尽したこと等で土砂崩れが多発して死傷者がどんどん発生する様に眉を顰めた人達が駆け回っていたことであろう…そういう「悲壮な現場」に「子ども達の歓声」である…或いは、こういう平和が尊いと強く思った…

↓小高くなった辺りの建物の屋上は、なかなかに見晴らしが好い…
Ebayama Museum of Meteorology at Hiroshima on OCT 28, 2015 (9)
↑この方角が“爆心地”側らしい…かなり大きなビルも点在する、正しく広島の都心部として大きく発展している様子が窺える…

私自身を含め、他地域の人達の間では“被爆建物”であり、同時にその頃に凄まじいドラマが展開されていた舞台であるこの<江波山気象館>(旧広島地方気象台)は、然程知名度が高くはないと思う。しかし、ここは「静かな歴史の証言者」というような感の場所で、なかなかに尊い訪問先だ…辺りも好天時には好い散策コースとなる場所だ…加えて、江波の電車庫の在る辺りに路面電車で訪ねてみるというのも愉しい…

広島が、何となく「頭の隅に引っ掛かる」というように感じられるようになった切っ掛けは、この江波山の旧気象台な訳だが…

↓切っ掛けとなった本の感想を綴ってあったので、リンクをこちらに掲載しておく…
>>『空白の天気図』
posted by Charlie at 21:55| Comment(0) | HDR/2015年10-11月の旅 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。