2015年11月13日

延岡駅:<サンシャイン宮崎> 713系電車(2015.10.26)

最近は「国鉄時代」の車輛に関して、運用している地域で独自に改造を施したり、独特な塗装を施している事例を眼にする。北海道内で運行中の「国鉄時代」の車輛についても、往時とはイメージが異なる塗装が施されている例を多く見掛けるが、他地域でも同様だ…

↓美々津から延岡まで乗車した電車である…
Nobeoka Station on OCT 26, 2015 (5)
↑以前に南宮崎駅や都城駅の近くで見掛けたことも在って、「何か気になる車輛だ…」と思っていたが、今般乗車機会を得た…

「国鉄時代」の車輛に鮮やかな赤系の塗装が施され、<サンシャイン>の黄色いロゴ、太陽をデザインしたマークまで入っている…

↓何か「正統派!!」という雰囲気の、「国鉄時代」な外観だ…
Nobeoka Station on OCT 26, 2015 (2)
↑それでも、こうして鮮やかな塗装に「陽光煌めく宮崎県」というイメージの“太陽マーク”まで在ると、「少し特別?」という感じがする…

この車輛は713系電車というもので、1983(昭和58)年に地方での「普通列車の電車化」を促すべく試作された車輛だという…4編成8輛が新製されて、九州に投入された…結果的に、諸般の事情によって4編成8輛以降は製造されなかった…

1996年に宮崎空港線が開業し、この713系の4編成は宮崎空港線に投入されることとなり、<サンシャイン宮崎>の愛称が付いた。やがて、2008年に鹿児島車両所で改造が施されている。

改造は、外見の塗装の他に、クロスシート部分は旧い特急型車輛のシートを移して使用するようになっていて、ロングシート部分はバケット型の椅子を並べた体裁の、新しいロングシートに換装されている。延岡から宮崎空港の区間…存外に時間も掛かる場合が在る区間―延岡・宮崎空港間を全て普通列車で移動すれば、直通の列車で1時間40分程度、南宮崎駅で乗り継ぐと2時間弱となる。沿線各駅からの利用で、1時間前後の乗車という例が多そうな感じである…―だが、車内の居住性も良好なものになっている…

今回は美々津から延岡の40分弱の区間で乗車したが、ロングシート部分の新しいバケット型シートは、なかなかに乗り心地の好いものだった…

↓延岡駅の跨線橋から713系電車<サンシャイン宮崎>を望む…
Nobeoka Station on OCT 26, 2015 (3)
↑勝手に「正統派!!」という雰囲気の「国鉄時代」な外観と呼んでいるが…こういう感じの外見は、何か“安堵感”のようなものも覚える…

考えてみると…近年はこの種の「正統派!!」という雰囲気の、「国鉄時代」な外観に出くわす機会が減っている…
posted by Charlie at 06:36| Comment(0) | HDR/2015年10-11月の旅 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。