2015年10月17日

早朝の稚内港―北防波堤ドーム、中央埠頭(2015.10.17)

静かで、穏やかな天候の休日…「とりあえず、ゆったり…」という感だが、これもまた最大公約数的な「よく在る休日の午前中」というものであろう…実は、早めに眼を醒まして戸外に少しだけ出た後、少しばかり眠っていた…時には、そんなことも在る…

昨夕、近所の宿泊施設に滞在中だった、他地域から来ていた方と言葉を交わす機会が在ったが…話題にしたことの一つが…「早く眼を醒ますようであれば…この辺りの海寄りの辺りを散策すると、朝の美しい空に出逢えることが在る…」ということだった…

↓今朝は、北防波堤ドームの海側から歩き始めた…
Morning on OCT 17, 2015 (3)
↑海が静かで、風も感じ難い程度に微弱だったが…少し気温が低めになっているような気がした…

雲が非常に少なく見えるのだが…何か霞んでいる…明確に霧が掛っているという風でもない…朝の光は不思議な色彩を紡いでいる…

↓空も海も、何か「ベタッ」と色を乗せて塗り分けをした、透明水彩画のような色合いだ…
Morning on OCT 17, 2015 (8)

↓久し振りに屋蓋の下の画を撮ってみる…
Morning on OCT 17, 2015 (10)

↓中央埠頭側を伺う…例によって、利尻・礼文との間を往来するフェリーが待機中だ…
Morning on OCT 17, 2015 (16)
↑こちら側は、防波堤等で確り囲まれた型になっている場所だが、海面が鏡面のようになっている…

↓海面に空の色が確り映り込んでいるので…何かフェリーが「宙に浮いている?」かのような、不思議な感じに見える…色彩は透明水彩画的だ…
Morning on OCT 17, 2015 (24)

↓今朝は、フェリーも少し変わった色に見えている…
Morning on OCT 17, 2015 (17)

何か幻想的な感じの朝…こうした空の紡ぐ色というものだが、「全く同じ」モノには、やや大袈裟に聞こえるかもしれないが「二度と遭えない」訳である…今日は一際“個性的”で「二度とは遭えないであろう」ということを強く感じた…

その後…光が淡い感じの状態が続いているように思える…
posted by Charlie at 09:51| Comment(0) | HDR/稚内港 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。