2015年08月24日

旭川駅:キハ40(2015.08.21)

列車を利用しようと駅に立寄る場合、直接利用するしないを問わず、駅構内の鉄道車輌を眺めたり、写真を撮るのが何となく好きだ…各々の車輌には開発と登場の経過や、運用の歴史が在り、それらに想いが巡ることも在れば、「○○の時に乗車したモノだ…」と過ぎ去った旅路に想いが巡る場合も在る…

旭川から稚内へ引揚げる場合…「朝の特急列車に乗車して、“やや遅めな昼食”という時間帯に到着」という型を取ることが多い…

↓札幌からの特急<スーパー宗谷>が入る線には、キハ40が停車している…
Asahikawa Station on AUG 21, 2015 (3)

これ!!札幌を早朝に出て、9時頃に旭川に着く、2輌のディーゼルカーで運行の列車に違いない!何度も利用したことが在る列車だ!

↓そう思って眺めていれば、隣の線にもキハ40が到着した…
Asahikawa Station on AUG 21, 2015 (5)
↑この日は、学校の行事でも在るのか、小学生らしき一団がゾロゾロと下車している様子が見受けられた…

↓やがて眼前のキハ40は車輌基地へ引揚げて、後から着いたキハ40が発車に向けて待機態勢となる…
Asahikawa Station on AUG 21, 2015 (8)

このキハ40のような、国鉄時代に初登場した、“ステンレス”が主流になる時代以前の、「金属車体に確り塗装が施されている」ような車輌…現在でもここのように活躍している例も在れば、様々な改造が施された例も在るのだが、視ると何となく「和む」感じがする。と言うのも、「幼少の頃から見慣れた感じ」なので「如何にも鉄道車輌!!」と感じるからなのであろう…

それにしても…高架駅としての歴史は「未だ新しい」と言える旭川駅だが、なかなかにモダンなデザインである。そこに、やや年季が入ったキハ40が停車している様…何か「如何にも“SF”な巨大都市に、往年の急行列車のような姿の、蒸気機関車が牽引する列車が現れる」という、かの『銀河鉄道999』を何処と無く思い出すような風情が在るような気がしないでもない…

旭川駅を発着する列車の車輌としては…既に退いてしまった711系電車が、最も古い登場の代物だった筈で…キハ40はその次…現時点では最古参の車輌ということになると思う。宗谷線方面では…名寄以南でしか視られないと思う…少し前に“臨時”扱いだった快速列車が、このキハ40等で運行され、稚内駅にもやって来た例は在ったが…永くその勇姿を視たい!!他方…他所の地域のように、この種の車輌を改装した愉しい列車の登場も願ってみたりするのだが…望みは薄そうだ…

こうやって自身が利用する以外の車輌を駅で眺めていると…「何も考えずに、ふらふらと列車に乗って…」というような時間を夢想してしまう…

因みに…

↓この後、定刻で現れた<スーパー宗谷>に乗車し、何時も乗降がそこそこに多目である士別や名寄での停車に気が付かない程度に車内で居眠りをしながら、稚内へ無事に引揚げたのだった…
Asahikawa Station on AUG 21, 2015 (9)
posted by Charlie at 00:01| Comment(0) | HDR/旭川 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。