2015年02月06日

“氷漬け”のような感もする稚内港北防波堤ドーム(2015.02.06)

昨夜言葉を交わした方は、一昨日に士別、名寄、音威子府等を経て稚内へ車で北上してきたそうだ。お話しによれば、各地は氷点下の冷えた気温でありながら、道路脇に雪が堆くなっているばかりで、路面はアスファルトが覗いている感じの場所が多く、驚いたということだった…どうも内陸部では「早朝の最低気温が氷点下20℃台で降雪無し」が続いているらしい…

“道北”と呼び習わされる旭川以北で、今季は妙に雪が少ないと言われている。稚内も例に漏れない…「雪が少ない」が挨拶代わりのようになっている他方、「所詮、シーズンの降雪、積雪は毎年大差が無いのだから、そのうち…」と危惧してみるという雰囲気が濃いように思う…

「雪が少ない」は楽とも言えるのだが…そこらじゅうが「製氷室」のようなものである…陽射しで中途半端に積雪表面が融けてみたり、少し前の雨で融け掛った箇所が冷え固まる等で、「ガタガタに、テカテカに凍る」という路面が拡がっている…歩き回ると、足首等の身体の各所に「妙な負荷」が掛る感じだ…

↓稚内港北防波堤ドームの辺り…

↑辺りの路面は殆ど“氷”である…信号機のランプの光が「アイスショーの照明演出」のような様相を呈している…

↓屋蓋の下も、一部が凍っている…


↓雲がカーテンのようになった空…寒々しい…

↑“氷”に囲まれてしまっているような感じだ…

見た目は非常に寒々しい他方、風は微弱であるし、手先が酷く冷たくなるでもない…或いは氷点下1℃、氷点下2℃程度のような気もする…稚内の場合、近くの海水が“保温装置”の役目を果たすので、一日を通じて気温の変化の幅が小さいのだが…多分、今日の気温はこんな感じで推移するのであろう…

↓路面は尽く凍っている…


歩き回るには不自由だが…「こういう光景も珍しい…」と「眺めて愛でる」位の気分で過ごすのが無難かもしれない…
posted by Charlie at 08:10| Comment(0) | HDR/稚内港 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。