2015年02月05日

凍る路面と稚内港北防波堤ドーム(2015.02.05)

凍て付く箇所、それも奇妙な凹凸の「形状のまま」に凍ってしまっている部分も含むような場所を歩き回るのは、多少草臥れる…平板になった箇所で安堵すると、足下は靴底に力が全く入らない程度に硬く凍ってテカテカになってしまっていたりする…全く油断出来ない…こういう場所を動き回ると、足首、膝、腿、腰等に妙な具合に力が掛るのか、なにか「いずい」(※北海道のローカルな言い方…「違和感が在る」、「心地悪い」というようなニュアンス…)という語が口を突く…

↓一寸戸外に出る…未だ灯りは消えていないが、空は“青味”が些か濃い…


↓稚内港北防波堤ドーム近辺の歩道では雪が取り除かれていた…


↓屋蓋の下…“残雪”が凍り付いている…


↓何時の間にか灯りが消えている。消える時間帯が少々早まった…雲のカーテンの裾から、暁の光が漏れる…

↑今朝は風も微弱で、酷く気温が下がった感じでもない…それでも“氷点下”だが…

↓こういう路面状態…疲れる…


↓次第に明るさを増す…


帰宅して、ロシアで出回っている、サハリン仕入れのブレンド<コロンボ>を淹れる…頂きながら写真を整理していた間に、窓辺が明るさを増して来た…今日は好天に恵まれそうだ…
posted by Charlie at 08:01| Comment(0) | HDR/稚内港 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。