2015年01月04日

普通列車のみが発着していた朝の音威子府駅(2015.01.04)

「気付けば士別の手前…」、「気付けば音威子府の手前…」という“理想的”(?!)なペースで、普通列車による北上を続けた…

旭川・稚内間の普通列車で移動をすると…私自身は「移動手段に列車を利用している稚内在住者」でありながら、「遠方から列車に乗って稚内を訪ねようとしている旅人」のような行動に走ってしまう。長めの停車時間が在ると、一寸ホームに出て写真を撮ることを愉しんでしまう…

朝の列車の場合…音威子府駅の長めな停車は好い!

↓「この時季らしい」按配だ!!

↑穏やかな冬の朝陽…適度(?!)な低温…雪の粒子が輝く…只管に北を目指すキハ54が静かに待機…素敵だ!!

↓左側が旭川から乗っていた列車…右側は名寄を目指す稚内発の列車…


↓この時間帯に現れる特急列車が運休しているため、ホームは森閑としていた…

↑駅名看板…半ば雪に覆われている…

↓名寄までは“2輌目”が在ったので…「名寄・音威子府間だけ」でこんなに雪を被ったキハ54の後方…

↑こんな様子…「最も宗谷線らしい」かもしれない…

どちらかと言えば…色々な事由で「列車の旅を愉しむ」という場面は“冬”の方が機会が多いかもしれない…だからと言うのでもないが、「“冬”の宗谷線の雰囲気」に強い愛着のようなものも感じることが在る…

それにしても…

↓この空気感!!

↑素晴らしい…
posted by Charlie at 20:23| Comment(0) | HDR/音威子府 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。