2014年01月01日

ビデオ 札幌の路面電車:A1201の車内からの展望とすすきの停留所からの発車(2013.12.31)

↓札幌の路面電車の新型である“A1201”を視て、乗車した旨は下記で御紹介した…

>>札幌の路面電車:A1201との邂逅(2013.12.31)

>>札幌の路面電車:すすきの停留所に着き、西4丁目停留所へ折り返すA1201(2013.12.31)

↓実は少々動画も撮影していたので、10分間弱に纏めてみた…


録音で車内に流れる御案内…「交通局からのお報せ等」が多く、やや長い…運転士は然程積極的に喋ってはいない…そういう雰囲気だが、この種の車輌が走る際に発する独特な音が面白い…

他所では色々とこの種の「超低床」の電車が活躍している事例が在り、それらに乗車したことも在るが…札幌ではこのA1201が初めてのこの種のモノである…

↓札幌市交通局のウェブサイトで紹介している…
>>新型低床車両について/札幌市

↓上記サイトに挙げられた「新型低床車輌の特長」は以下のようなものだ…

・街並みに溶け込む、洗練されたデザイン:白と黒を基調とした外観で、札幌の都市の先進性や、爽やかな気候風土などをイメージしています。
・乗り降りしやすい小さな段差:地面から床面までの高さを、従来の車両よりも50センチメートルほど低くしました。高齢者をはじめ多くの方が乗り降りしやすくなります。
・広い車内。大きくて開放的な窓:車体が長くなり、定員は従来より約2割増の71人に。窓も大きくなり、車窓から広がる四季折々のまちの景色を眺めやすくなります。
・車内:乗客の利用しやすさを追求した、温もりあふれる空間となっています。


なるほど、色々な「想い」が込められたA1201である…

2013年から運行開始の新型車輌…2013年が終わってしまわない間に視ることが叶い、乗車する機会も設けることが出来た…善かった!!
【関連する記事】
posted by Charlie at 01:06| Comment(0) | Movie Maker | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。