2013年12月21日

松浦鉄道 たびら平戸口駅(=日本最西端の駅)(2013.12.20)

↓こんな看板を視たら…どのような場所を思い浮かべるであろうか?
11478838924_14d043dc25[1].jpg
↑酷く大袈裟なように思うが…

↓こういう雰囲気である…
11478929036_859106fbf6[1].jpg
↑「小さな町の極慎ましい小さな駅」という趣だ…

駅に下り立って、駅前に出てみると少々驚く…小高い場所に鉄道が走っていて、駅もその小高い場所に在る。「最西端」と“端”とは言っても、松浦鉄道の線上なのである…

↓駅は何となくこういう具合で、ホームは2本在る…
11478924206_3fe18645eb[1].jpg
↑佐々、佐世保へ向かう列車が発着するホームと、伊万里へ向かう列車が発着するホームを有する。駅名表示は、多分JR九州の方式に倣ったのであろう…ここは「平戸大橋を擁する地域」ということで、橋のイラストが入っている…

↓改札口はこういう具合だ…
11478848824_1a0200963a[1].jpg
↑「お客様へ 改札はいたしませんので発車時間にホームにおはいり下さい」とある…

松浦鉄道は「無人駅が標準仕様」という雰囲気である…幾つかの駅―佐世保、佐世保中央、佐々、たびら平戸口、松浦、伊万里、有田…のみ―には人が居るが、他は尽く無人駅だ…そして列車は全てワンマン運行である。利用者の料金支払い、定期券の提示は運転士に向かって行う…有人駅では定期券や各種切符の販売を行うなどしている。

このたびら平戸口駅…人は居たが、改札は無かった…下車した際も、運転士に<旅名人の九州満喫きっぷ>を見せた…改札口を通らずに、改札の向こうに相当する場所に在る御手洗にさりげなく入っていた…ここでは「あっ!?駅に人が居た…」と後から気付いた…

実は佐世保で松浦鉄道の列車に乗車する際、佐世保駅の松浦鉄道の乗場に改札らしいもの、改札を行う係員らしい人を視掛けなかったので…<旅名人の九州満喫きっぷ>に必要なスタンプは、JRの方に行って押印してもらった…

序でに言えば…たびら平戸口から伊万里へ向かい、伊万里で下車した際も運転士に<旅名人の九州満喫きっぷ>を見せた…

最西端の駅…独特な趣だ…田平天主堂へ向かうには、バスは無いに等しい…平戸市内へ向かうには…平戸口桟橋まで少し歩くのが現実的だ…さもなければ、駅前で待機しているタクシーを利用する他ない…

↓この駅で発着するのは1輌運行のディーゼルカーばかりだ…2輌以上の時も在るのかもしれないが…視掛けなかった…
11478851244_a0a83e554f[1].jpg
↑こういう、手が込んだラッピングの車輌も一部には見受けられる…

「最西端」に向かうのに「最北端」を出発したことになるのだが、何か感慨のようなものも沸き起こる…
posted by Charlie at 23:11| Comment(0) | HDR/2013年12月の旅 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。