2013年09月19日

稚内港北埠頭:月明かり(2013.09.18)

次第に暗くなる時間帯に稚内港北埠頭周辺を歩いた。辺りは“北防波堤ドーム公園”として整備されていて、散策する旅行者や、ウォーキングや飼い犬の散歩をする地元の人が散見する…

次第に暗くなる空で、時を刻む都度に存在感を主張するようになるのは月である…東寄りに相当する方角で、次第に強くなる照明で姿を浮かび上がらせる舞台俳優のように、月は次第に輝きを増していた…

↓待機態勢に入っているらしい、画面左に見える海上保安部の船や、点り始めた広場の灯りの右上方に、「紺色を帯びた夜空に太陽?」という具合に白く輝くのが月だ…
9799484675_fe04d430cc[1].jpg
↑月の前方下側に相当する海面が、ライトを当てたように光っている…暫し見入ってしまった…

“月明かり”と聞けば、何か「微弱な灯り」を想起してしまうが…存外な「力強さ」を有していることに気付かされた…
posted by Charlie at 08:04| Comment(0) | HDR/稚内港 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。