2013年02月25日

鹿児島の路面電車:鹿児島中央駅前停留所で電車が詰まっている状況(2012.12.15)(FotoSketcher)

大阪で雨に降られ、それから逃れるように新幹線で熊本に向かった。熊本ではどんよりと曇っていたものの、未だ雨が降っていなかったのを「幸い」と思っていたが…やがて少し強めな雨が…雨から逃れてとりあえず熊本駅で休んでいると…興味津々だった“800系”の列車に乗れそうだったので、そのまま熊本駅から鹿児島中央駅へ南下した…

鹿児島に泊まることにして、鹿児島中央駅周辺の宿を目指そうとしていた辺りで、路面電車を視掛けた…

↓こんな様子である…“水彩画”風に纏めた…
8500147409_0cdb45107e[1].jpg
↑この日は鹿児島も雨が降ったということで、路面が湿っている…曇っていたが、若干日が傾いている時間帯であり、標識灯の灯り等が目立つようになってきている…

現在の鹿児島駅より少し遅れて“武駅”―辺りは永く「武村」と呼ばれていて、畑が広がる農村だったようだ…―が開業し、やがて“西鹿児島駅”に改名した。戦後になって暫くしてから、「貨物は鹿児島駅、旅客は西鹿児島駅」と“棲み分け”がなされ、西鹿児島駅は旅客ターミナル(=鹿児島市のメインの駅)となった。周辺は「新しい市街」として発展してきたように見受けられる…新幹線の開業を契機に、駅は“鹿児島中央駅”に再度の改名をして今日に至っている。JR九州の駅としては、博多や小倉に次ぐ程に利用者が多い駅らしいが…そしてその周辺の時期に、路面電車の停留所も現在の型になったようだ…

鹿児島中央駅辺りには、市内各所や県内各地、更に県外の都市とを結ぶバスが発着する場所も在り、「交通結節点」となっていて、路面電車の停留所も乗客が途絶えない。朝や夕刻は殊に乗客が多い…

この時は乗客が多い夕刻に入っていたが、そんな時間帯には運行間隔が縮まる。そうすると、何処かの停留所で乗降に時間が掛かった場合などに「電車が詰まる」状態が発生する…鹿児島中央駅前だけで発生する訳でもないが…鹿児島中央駅前でその「詰まる」状態が発生しているのを視て、「鹿児島に着いた…」と妙に強く実感した…

結局、夕食後までは雨に濡れて「生乾き」な上着を着ていたのだが…路面電車を視て「目指していた鹿児島に安着!!」という気持ちを強くして、足取りが少々軽くなった…
【関連する記事】
posted by Charlie at 08:12| Comment(0) | FotoSketcher/鹿児島 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: