2013年02月21日

稚内:雪が積もった朝…降雪継続中…(2013.02.21)

「暦の上では春ですが、まだまだ厳しい寒さも続く中、皆様におかれましては益々御健勝のことと御慶び申し上げます」等というのは、この時季の決まり口上かもしれないが…今朝の稚内は“真冬”の様相以外の何物でもない。この時季の暦を“春”ということに決めた責任者がハッキリしているなら、思い切り罵倒してやりたくなるような状況だ…

起き出して程無く、煙草を切らしていたことを思い出し、それを求めに出ようとした。昨夕は「強力な寒気の接近」という気象情報を耳にしていた。とりあえず、確りと防寒用の上着を着て、ニットのキャップを着用した。拙宅から通への出入口の前で、思わず引き返した…深い雪に対応した、丈の長めなブーツが必要な状態だったのだ…

扉を開けて、2歩目辺りから雪を漕ぎ、通に出た…

↓路が半ば埋まってしまっている…
8493613204_fbba732ffd[1].jpg
↑風は微弱だが、降り方はやや激しい…

きっと、人々が寝静まっている間に雪は深々と降っていたのであろう…半ば「路無き路」のような積雪を漕いで進む…

↓既に「少し早めな…」という人は活動を開始している時間帯に入っている…ドライバーにとっては、暗い山道よりも性質が悪い、「真っ白で見え難い」中で車やバスも動き始めている…
8493614730_9047cb506a[1].jpg

こんな時…口を突くのは「わや…」という言葉だ…
posted by Charlie at 07:22| Comment(0) | HDR/稚内 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: