2013年01月30日

稚内駅(2013.01.28)

稚内・旭川・稚内と特急<スーパー宗谷>で往復して戻ったばかりだが…何か久し振りにこの通称「朝の列車」に素直に乗車して往復したような気がする…“青春18きっぷ”や“三連休おでかけパス”が在るような時季、私的な移動では普通列車を利用することを好むからである…

激しい風雪等で列車運行の乱れが続発していた状況下、天候が回復しても「大丈夫か?」と気になってしまい、早起きをしてしまった…

↓天候が穏やかな日の早朝…麗しい光景だと何時も思う…
8427269815_1113bc8c18[1].jpg

↓改札横の硝子越しに、待機中の列車の姿が見える…
8428361812_87fa5ac9aa[1].jpg
↑こうして硝子越しに見える、稚内駅を出る列車は…1日に特急が3本、普通列車が5本である…

↓朝・夕の<スーパー宗谷>は261系気動車で運行される…
8428363278_50927e528e[1].jpg
↑最高時速130kmの高速性能が活きるのは、路盤が整っている名寄以南である…

遥かな札幌へ向かう列車に、どんどん乗客が吸い込まれる…稚内市内の住宅地の広がり按配に鑑みて、南稚内駅で乗降する人の方が多いようにも見受けられるが…稚内駅は「始発であって終点である」駅だ…

↓<スーパー宗谷>は基本的に4両で運行されるが、2両増結で6両運行になる場合もある。この日は6両運行だった…
8427272833_cf9517d239[1].jpg
↑稚内駅のホームは、この「6両運行の<スーパー宗谷>」がすっぽりと収まる長さである…

南稚内駅から乗車する人が多いので、稚内駅で指定席に座ると「やや空いている?」と思う場面も多いのだが、南稚内で席は埋まる…その後、列車が南下するに連れて乗客は多少増える。音威子府や名寄から乗車する人が目立つ…旭川では降りる人も乗る人も見受けられる…そして列車は札幌へ向かう…

こうして、駅の照明を受けて光る列車を視ていると…「乗客の数だけの“物語”を載せて、雪の鉄路を行く…」等と気障なことを思い浮かべてしまう…
posted by Charlie at 07:48| Comment(0) | HDR/稚内 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: