2012年10月23日

映画『009 RE:CYBORG』が物凄く観たい!!!

石巻発のニュースを見た…

かの「石ノ森萬画館」が11月17日に再オープンすることが決まったのだという。

石巻は昨年の大震災に際して津波被害を受けた地域で、「石ノ森萬画館」もそれを免れなかった…そして復旧工事が続けられていたのだが、間もなくそれも完成するのだという…

“萬画”と称しているが、石ノ森章太郎は永い作家活動の中で、文字どおり“萬”と言って差し支えない、様々な分野の作品を手掛けている。

そういう状況ではあるが、“石ノ森作品”と言えば、所謂「石ノ森ヒーロー」だと思う。私自身、彼が産出す「ややダーク(?)」な、些かの影を負ったヒーロー達の物語に親しみながら幼少期、少年期を過ごしている。

石ノ森萬画館」が、石巻の「大災害からの復興」の希望を込めて再開されることを伝えるポスターに登場したのは『仮面ライダー』と『サイボーグ009』だった…「不滅の仮面ライダー…不死身の009…“復興”の想いを負うヒーロー達だ!!」と妙に嬉しくなった…

「ややダーク(?)」な、些かの影を負ったヒーロー達…その多くは、“悪魔の力”とでも呼ぶべき「狂気の科学」によって途轍もない力を得る…そういう状態になったことに悩む主人公は、やがて自らの意思でその力を活かし、“悪魔の力”との闘いに望む…『サイボーグ009』も『仮面ライダー』もそのパターンだ…

そんなことを考えていて…何か『サイボーグ009』のアニメの主題歌が妙に聴いてみたくなった…


↑何回も聴いて、思わず口ずさんでしまう…

「石ノ森ヒーロー」が石巻の復興を牽引…というようなことを考えていると…耳寄りな情報が…

『サイボーグ009』が映画になる!!来る10月27日に公開だ!!







『サイボーグ009』に偶々出くわしたタイミングで映画の情報に…何か「かなり前のめり」に「観たい!!!」と思った…

この映画は『攻殻機動隊』の監督やスタッフが手掛けるアニメーションのようだ…“009”を始めとする劇中人物達も、『攻殻機動隊』のような、“リアル”路線の画になるようだ…嘗て何回も制作されているアニメーションは、石ノ森章太郎の画をある程度忠実に再現した画を使っていたのに対し、大胆なアレンジである。が、それでもなかなか好きだ!!

かなり強く観たい作品なのだが…しかし…この映画…稚内では10月27日に上映されない…折角、近所に“映画館”が在るのに…
posted by Charlie at 19:21| Comment(0) | エッセイ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: