2012年08月09日

ボルシチ(2012.07.24)

“ロシア料理”と言うが…ロシアは東西に、南北に、様々な文物が行き交う交差点のような場所に拡がっているので、ロシアでは色々な地域に起源が在る料理を食べている…更に、帝政期には欧州諸国の色々なものを積極的に取り入れた時期も在り、そういう所から生まれたようなものも在る…極端な話し、フランス革命で仕事が少なくなった、フランス貴族の館等で働いていた料理人が、ロシア貴族に召抱えられるというような事例も在ったらしいのだ…

“ロシア料理”と聞くと…

↓こういう“ボルシチ”が何となく思い浮かぶかもしれない…
7637541470_720f9b5d40[1].jpg
↑赤カブの色で、こういう具合になるのだが…

“ボルシチ”は、ロシアと言うよりもウクライナに起源が在る料理らしい…と聞いたことが在る…だから、どうということもない話しだが…“ボルシチ”は非常にポピュラーなスープで、文字どおり「店の味」、「家庭の味」で色々なヴァリエーションも在るようだ…

スープを頂く場合…日本語では「飲む」と表現するが、ロシア語では「食べる」と表現する。ロシアのスープは、具材が沢山入っていて、液体のスープ以上にそれらを確り頂くような感じなので、「食べる」が妥当なのかもしれない…

ロシアは「寒い国」である故か、スープは古くから人気が在るようで、ボルシチの他にも色々なものが在る…

↓2012年7月のサハリンの画…
wakkanai097 - View my 'Photomatrix - Sakhalin, RU on JUL 2012' set on Flickriver
posted by Charlie at 06:14| Comment(0) | HDR/サハリン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: