2012年07月18日

岩見沢駅(2012.07.12)

岩見沢は鉄道路線が交差する場所として栄えた経過が在る街である。現在は廃止されてしまった路線も乗り入れていた経過が在る…往時より乗入路線は減っているが、現在では“札幌圏”の北東端を占めるような按配で、札幌方面との間を往来する列車が多く発着し、更に北の滝川、深川、旭川へも路線が続いている。加えて苫小牧方面へ向かう路線も在る…

永く、年季が入った駅が現役であったが、火災のためにプレハブになった時期が続き、やがて新駅舎が登場している…

私個人にとって、“岩見沢駅”と言えば…「稚内・札幌間の特急で通り過ぎる駅」、「札幌から旭川へ向かう普通列車が少し長く停車するので、外の空気を吸う場所」、「旭川から札幌へ普通列車で向かう場合に乗換えをする駅」というような按配で、「新しい駅舎」というのを外からゆっくり視たことさえない状態だった…

朝から雨の中を動き回り、結果的に「札幌・ラベンダー畑間を日帰り、普通列車利用で往復」ということをした中、旭川からの列車で到着してから「岩見沢・札幌間は列車本数も多いので、1本見送って、軽く食事でも…」と岩見沢駅で待機していた札幌方面の列車に乗らなかった…

↓強まっていた雨を少々気にしながら、何となく駅の外に出てみた…
7596157672_8827fec952[1].jpg

煉瓦…硝子…鉄道レール…という材料を組み合わせた外観である…

↓初めて“岩見沢駅”という看板を望む側へ回り込んで眺めた…
7596160794_717c13ffb1[1].jpg

こうして視ると、なかなかに典雅な外観かもしれない…方々の比較的新しい駅の建築の中では、見栄えが佳い部類だ…聞けば“グッドデザイン賞”という表彰を受けた建物なのだそうだ…

↓岩見沢駅の様子…
wakkanai097 - View my 'Photomatrix - Iwamizawa on JUL 12, 2012' set on Flickriver

雨の中、何かカメラが濡れるのを気にしながら、何とかこの「“今風”でありながら典雅」という駅を撮ったが…何れ、もう少々好い条件でゆっくり撮ってみたいものだ…と考えながら、駅周辺で定職が頂ける店を見付けて、雨に濡れながら入ったのだった…
posted by Charlie at 19:50| Comment(0) | HDR/2012年7月の旅 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: