2012年06月11日

サハリン州郷土博物館(2012.06.06)

地元の歴史等を伝える“博物館”に類する場所で、その「建物そのもの」がなかなかに価値が在って立派なモノであるという事例…意外に在るようにも思うが…

↓ユジノサハリンスクで視掛けるこの博物館…
7344681650_bb2670ecd8[1].jpg
↑「先ず、建物そのものが、大変立派な“展示品”だ」と何時も思う…

↓建物の周りは2000年代に入って綺麗に整備され、市民の憩いの場になっている…
7344680318_d4d05fc1a6[1].jpg

建物は「コンクリートの建物に、和風な瓦屋根を取り付ける」という、1930年代に日本で流行った“帝冠様式”というもので建てられている。日本国内でも、この時代の建物、この様式に数えられる建物は限られたものしか残っていないが…広大なロシアでも、こんな様式の建物はこれ位なものであろう…

この建物は、1937年に竣工した“樺太庁博物館”だった。1946年のソ連化以降も博物館として使用され続けている。“機構”としては、「アレクサンドロフスク・サハリンスキーに在ったサハリン州郷土博物館」が“移転”という型になっていて、「博物館の歴史」は「アレクサンドロフスク・サハリンスキーで興り」という所から綴られるのが現在の通例のようだ。

↓中の階段もなかなかに堅牢そうだ…
7159469991_1e2ac79ab9[1].jpg
↑こういう雰囲気…「軍隊の司令本部か何か」を想わせるが、ここは飽くまでも博物館である…

↓偶々、出入口辺りをゆっくり眺めてしまった…
7159470987_156d37aa8c[1].jpg
↑扉に「菊の御紋章」が浮き彫りになっている…

扉の「菊の御紋章」に初めて気付いたのだが…また改めて訪ねると、新しい発見が在りそうである…
posted by Charlie at 22:06| Comment(0) | HDR/サハリン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: