2011年10月27日

稚内市街へ通じる国道辺りから視る夕焼け(2011.10.27)

そろそろ「雪の季節が近付いている…」というようなことが話題になっている…朝夕は多分“一桁気温”という状態の稚内である…

朝は雨が混じったが、次第に空が明るくなって行った…日没の近いような時間帯に入ると、やや雲が目立つものの、好天という印象を与えてくれるような空模様になった…

↓西の空にやや雲が目立つ中、日が沈む場面を視ると、妙にドラマチックな感じに見える…
6285383503_7ee84684bb[1].jpg

稚内の市街の東寄り辺りで、国道は2つに枝分かれする…オホーツク海側へ延びる238号と、内陸へ抜けて旭川の旭橋辺りまで延びる40号とである…この40号辺りを、日没間際の時間帯に移動する機会が在ったのだが…S95を持っていたので、思わず写真を少々撮ってしまった…
posted by Charlie at 20:58| Comment(0) | HDR/稚内 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: