2011年10月22日

マトリョーシカ型容器に入った…(2011.10.21)

8月…「今季3回目」だった“島流し”の後…愛用のRIMOWAのトランクから、使うモノは出してあったのだが、使わないモノは一部がそのままトランクに入ったままになっていた…

何気なく置いて在ったトランクを開けてみた…彼の地で頂いた土産品等が出て来たのだった…

↓その中の一つを近所の“W”に差し上げた…
6267776779_4a3cda1997[1].jpg
↑先方にも気に入って頂けたようで、安堵である…

実は拙宅で「これを何処に置こうか?」等と考えていたのだったが…考えていた中で「思い切って、喜んで頂けそうな方に“土産”として差し上げよう!!」という結論に至ったのだった…

何か「日本の民芸品を参考に造ったのではないか?」という説も在るロシア土産の“マトリョーシカ”…19世紀末辺りに、パリで各国の人形を展示する催しが在って、そこに登場して欧州で少々知られるようになったらしいが…マトリョーシカは、大きめなモノの真ん中辺りから開く仕掛になっていて、中から小さなモノが出て来るようになっている…

写真のモノ…妙に細長いが…やや変わったマトリョーシカである…中から出て来るのは…「バーカウンターが似合う代物」が詰まった、一寸洒落たボトルである…

マトリョーシカには様々な絵柄のモノが在るようだが…これはなかなかに華麗な柄だ…
posted by Charlie at 13:01| Comment(0) | HDR/サハリン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: