2011年10月04日

通称「利礼の丘」から望む利尻富士(2011.10.04)

「“利礼の丘”って、知ってる?」と尋ねられた…知らなかった…

“利礼の丘”というのは、バイクでツーリングを愉しむ人達向けに用意された地図を出している出版社の担当者が考え出した通称らしい…という訳で、バイクでツーリングを愉しむ人達の間では「稚内で立寄ってみる価値が在る、素晴らしい眺望が愉しめるポイント」として知られているらしい…

↓これがその“利礼の丘”からの眺望である…
6210693428_1139cf5b14[1].jpg

稚内の市街の後背に在る丘陵、“稚内公園”へ上り、道なりに上へ行くと“百年記念塔”に至る。その“百年記念塔”の横に在る道を更に進む。途中で舗装が無くなるが、未舗装の“ダートコース”を更に数分行く。すると道が終わる高台に至る。その高台が、通称“利礼の丘”である…

“利礼の丘”から、綺麗に利尻と礼文が見えるのは、好天の日の午前中であろう…が、夕暮れも素敵かもしれない…ただ、夕暮れはここに至る細い“ダートコース”を引揚げる際に危なっかしいかもしれないが…

↓若干、望遠で利尻を視た…
6210188271_6c89503b67[1].jpg

10月最初の「11月並…」と伝えられた寒めな週末の故か、山は広い範囲で雪を被ったようだ…輝く海と、若干の雲が流れる空…意外に視られないものだ…

随分と以前に一度立寄ったような記憶が在る場所だが、“利礼の丘”という通称は知らなかった…ここは文字どおりの「稚内の“穴場”」かもしれない…

輝く日本海に浮かぶ利尻富士を視ると、何時も「北斎の画か何かのようだ…」と思うが、今日は少しだけ冷たい空気の中で凛と佇むような風情が素晴らしかった…
posted by Charlie at 20:10| Comment(0) | HDR/稚内 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: